次はJALの羽田からの北米就航先を予想してみた!

ANAに続いて、JALの就航先も予想してみました。
ANAの予想はこちら。

JALも6便が振り分けられています。
202003-1

現状は?

現状のJALと既に決まっているアメリカン航空の夏ダイヤの就航先・便数は下記の通り。
黄色がアメリカンの羽田新規就航分です。
202003 JAL before

こちらを元に予想してみましょう!

予想就航先はこちら!

上の表を元に、予想をしてみました。青が予想です。
202003 JAL after

大本命!

シカゴ(ORD)
アメリカン航空のハブにもかかわらず、アメリカンも羽田に飛んでいません。間違いないと思います。

ロサンゼルス(LAX)
現状成田からの1便しかないので、こちらも間違いないと思います。

ダラス/フォート ワース(DFW)

増便の場合、アメリカン航空と合わせて羽田・成田計5便になり供給過多かもしれませんが、少なくとも成田からの移管はあると思います。

サンフランシスコ(SFO)
現状羽田からの1便しかありません。ちなみにこの羽田便は栄光のJAL1/2便。思い入れがある路線ののはずなので、ダブルデイリーにしてくるのではないかと思います。

確実?

ホノルル(HNL)

ANAがA380をホノルル便に投入したことにより、JALとの全面戦争になっています。絶対負けられない戦いのはずですが、提携しているハワイアン航空とあわせて8便も飛ばしているので、増便は難しいのではないかと思います。現在全便が成田発になっているので、1便を羽田に移すのではないのでしょうか。

希望?

マイアミ(MIA)
既に噂になっているようです。

成田か羽田かはわかりませんが、飛ぶことは確実みたいです。
シャーロット(CLT)
あとアメリカンのハブで日本からの直行便がないのは、旧USエアウェイズのハブであった、シャーロット(CLT)、フィラデルフィア(PHL)、フェニックス(PHX)です。
このうちフィラデルフィアはJFKに近いので難しそう、あとの2つから選ぶとすると周辺人口が多めなシャーロット(CLT)でしょうか。

どれだけ当たるかな?

今までは経営破たんの影響で増枠の恩恵をあまり受けていませんでしたので、まずはアメリカンのハブへの路線充実になるのではないかと思います。

どれだけ当たるか、楽しみです。

2020年夏ダイヤから羽田空港発着枠 大増枠!

2020年の夏ダイヤから羽田空港の発着枠が大幅に増えることが決まりました!


北米路線に重点配分!

アメリカ在住の方にとって気になるのは、どれだけ北米路線に配分されるかですが、ほぼ半分が北米路線です!
202003

アメリカ側航空会社は決定済み!

アメリカ側の航空会社は既に決定済みです。


どこも自社のハブ空港に飛ばす手堅い感じですね。
NJ在住としては、羽田ーニューアーク便は心躍ります!
アメリカン航空
ダラス/フォートワース・ロサンゼルス
デルタ航空
シアトル・デトロイト・アトランタ・ポートランド・ホノルル
ハワイアン航空
ホノルル
ユナイテッド航空
ニューヨーク(EWR)・シカゴ・ワシントン・ロサンゼルス

日系航空会社の就航先を予想してみた!まずはANA!

ど素人ですが、無責任にこういう予想をするのは楽しいので、日系航空会社の就航先を予想してみました!
まずはANA編。ANA/JALとも6便が振り分けられています。
202003-1

現状は?

現状のANAと既に決まっているユナイテッド航空夏ダイヤの就航先・便数は下記の通り。
黄色がユナイテッドの羽田新規就航/成田からの移管です。
202003 ANA before
こちらを元に予想してみましょう!

予想就航先はこちら!

上の表を元に、予想をしてみました。ピンクが予想です。
おそらくですが、ANAとしては成田の夕方の時間帯はアジア方面への乗り継ぎ需要があるのでそのまま残し、午前中に羽田で乗り継ぎ需要を作りたいのではないかと思います。
202003 ANA after

大本命!

サンフランシスコ(SFO)
明らかに足りてないSFOへの就航は確実でしょう!おそらく早朝着、午前発ではないでしょうか。

確実?

ここからはもう適当な予想です。
ヒューストン(IAH)、デンバー(DEN)
ユナイテッドのハブにもかかわらず、ユナイテッドが成田から移さなかった(ヒューストンは希望したものの割当なし)この2箇所は、ANAが羽田に就航する前提のような気がします。ヒューストンはそのまま成田から移管、デンバーは新規就航で、いずれも午前発でしょうか。
ホノルル(HNL)
ANAがA380をホノルル便に投入したことにより、JALとの全面戦争になっています。また後日JALの羽田就航予想を載せたいと思いますが、JALと提携先のハワイアン航空を合わせると、ANA/UA連合は便数の面で半分しかありません。(JAL:ANA=8:4)少なくとも成田からの移管、おそらく純増になるのではないかと思います。

希望?

これは完全に個人的希望です。(笑)
ボストン(BOS)
まだANAが就航していない都市で、日本人が多く、ビジネス需要が大きいところとなるとボストン。既にJALが飛んでいますが、羽田から飛ぶ利便性、またANA派の方はあえて選んでくれるのではないでしょうか。
ニューアーク(EWR)
これこそ完全に希望ですね(笑)ただ、ユナイテッドのハブの中で、唯一ANAの直行便がない空港です。ANAから東海岸の都市に乗り継ぎたい場合、JFKにはユナイテッド便が全くないため、現在はシカゴかワシントンでの乗り継ぎとなります。シカゴは便数が多いものの冬の気候が悪いこと、ワシントンはハブとしては小ぶりなので、ニューアークに飛んでくれると東海岸のカバーが広がるのではないかと思います。
現在のANA羽田-JFK便が羽田夜着・午前発、ユナイテッドが午後着・夕方発に飛ばすので、朝着・午後発ぐらいでしょうか。
その他
その他の既就航地はこれ以上の増便は難しそうです。一方で新規就航できるだけの都市でJALも就航していないところとなると、アトランタぐらいでしょうか。(デルタは就航してますが・・)グアムもありかもしれませんが、観光客しかいないので、ANAはわざわざ手を出さないような気がします。

どれだけ当たるかな?

好き勝手に予想するのは楽しいですね(笑)
既に半年前ですので、近いうちに発表されるのではないかと思います。どれだけ当たるか、楽しみです。


ベイエリアへ行ってきた!

出張でベイエリアへ行ってきました。

オークランド(Oakland)に併用軌道が!

前乗りしたので、また趣味の乗り物名所めぐりです。
サンフランシスコの対岸、オークランドの街の割とど真ん中に併用軌道があります。
併用軌道とは‥いつもの通りWikipediaさんにお願いしましょう 笑

併用軌道(へいようきどう)とは、道路上に敷設された軌道の事を指す。路面電車などで良く見かける敷設形態だが、一般的な鉄道車両が走行する場合もある。
Wikipedia
場所はこちら
ストリートビューだとこんな感じ。
さすがGoogleさん。タイミングバッチリ!
行かなくていいじゃん 笑
FullSizeRender

併用軌道をアムトラックが!

もうネタバレしてるわけですが、なんと道路の上をアムトラックが走るのです!
ここはオークランドの中央駅とも言える、Jack London Square駅。
IMG_8413
ホームは普通の駅なのですが、そのまま少し進むと、そのまま歩道になります。
IMG_8412
そして線路は道路の上へ。数百メートルだけ路上を走ります。日暮れの時間なので、夕日がまぶしい!
IMG_8411

タイミングよく列車がやってきました!交差する道路には遮断機が降ります。
列車は残念ながら向こう側の線路‥
ちょっと迫力がないですね。
IMG_8410

貨物列車も走るそうなのですが、今日は日曜だったので、どうも期待できないようです。
1時間ほど待つと、すっかり暗くなってしまいましたが、次のアムトラックがやってきました。今日はこちら側の線路しか使わない模様。
IMG_8415
写真ではあまり伝わりませんが、二階建ての列車が目の前を通過するのはなかなかの迫力!
この列車が併用軌道を抜けると、すぐに対向の列車が!
IMG_8414
建物が動いているようです!
IMG_8416

面白いものが見れました!
シカゴ郊外にもあるそうなので、今のうちに見ておきたいですね!

↑このページのトップヘ