アメリカでも日本のクレジットカードは必須!

アメリカにやってきても、日本の円建てカードを使うことがよくあります。
生命保険料など、毎月支払が必要なものもカード払いにすればポイントが貯まりますね。

そこで、駐在員におすすめの円建てクレジットカードをご紹介します。
実際に私が使用しているものです。

選ぶ条件は?


個人的に重要な条件はこの2つ!

(1)年会費無料であること
基本的にはアメリカでの生活ですので、毎月の使用額はそこまで高額ではありません。
年会費を払ってまで加入しても、ペイしないと思われます。

(2)付与されるポイントが海外からでも交換・使用可能であること
ポイントには期限があることが多いですので、アメリカで交換、使用できないと大変不便です。

私のおススメカード2選!


1、REX CARD Lite (VISA)


rex
このカードがお勧めなのは、年会費無料にもかかわらず、ポイント付与率が1.25%もあることです。
また、ポイントはJデポという形で利用金額から値引きしてもらえます。ズバリ現金還元という形です。
多くのカードはポイント付与率が良くても、商品券に交換など、海外では使えないものが多いため、現金還元は助かります。

ハピタスを通してカードを発行すると、現在は750円分のポイントがもらえます。

hapitas rex 
未登録の方はこちらのバナーから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

また入会特典として3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で3千円がキャッシュバックされます。
rex card


2、楽天カード (MASTER)


rakutencard


特に赴任したばかりの時期は入り用にもかかわらず、現地での貯蓄が十分になく、日本にある貯金を取り崩すことがあります。
引落口座が日本の銀行にしてあるカードを使えば、必要な分だけ利用できるので、無駄な送金手数料をかけずにすみます。

しかし、日本円建てのクレジットカードをアメリカで使用すると、為替手数料がかかります。

実はVISAはMASTERに比べて為替レートが悪いと言われています。
公式に発表されており、例えば2/22(JCBのみ2/23)のドル円手数料は以下の通り。(1ドルあたり)


VISA  113.398660
Master 112.390000 
JCB   112.74
 
この日はなんと1円違います!

1、のRex Card LiteはVISAしか用意されていませんので、このような利用の仕方をすると、例えば1万ドル買うと1万円の差が出てしまいます。
今までいろんな節約術をしてきたのに意味がない!

という事で、赴任時には1枚Master Cardをお持ちになることをお勧めします。
何でもいいですが、私は楽天カードを利用しています。
貯まったポイントはKoboの電子書籍を購入するのが可能だからです。

入会時に2,000~8,000の楽天ポイント(時期により変わります)がもらえるのはかなり大きいですね。
土日は高額ポイントがもらえるキャンペーンをよくやってる印象です。
また、こちらも
ハピタスを通してカードを発行すると、現在はさらに1,100円分のポイントがもらえます。

hapitas rakutencard

加入される際は、紹介者ID欄に「SWPWN4N4」を入れてもらえるととってもうれしいです!

赴任後は基本的にクレジットカードの新規発行ができませんので、赴任前に忘れず用意しておきましょう!

 

SPONSORED LINK