タダで株がもらえる?

ちょっと資金に余裕が出てきたので、駐在している間にアメリカ株に手を出したいと色々調べていたところ、新興の証券売買サービス、Robinhoodでというところで、既存の会員から紹介を受けることで、タダで1株もらえるというキャンペーンがあることがわかりました。

Robinhoodとは?

説明はWikipediaにお任せしたいと思います 笑
ロビンフッド(英語: Robinhood Markets Inc.)は、アメリカ合衆国のフィンテック企業、および同社が提供する証券取引アプリの名称。証券取引手数料がゼロというのが最大の特徴となっている。 金利収入、ブローカーから受け取るリベート、アプリのプレミアム会員から徴収する手数料が主な収益源となっている。
Wikipediaより
証券取引手数料が無料というのはすごいですね!
日本でも一部で話題になっていたようです。
残念ながら、アメリカ非居住者は利用できないため、帰任の際は口座を閉じなければなりません。(リンク)
Robinhood1
ただし、他の証券口座へ手数料$75で移動することができるとのことです。(リンク
Fees for Transferring Stock
If you’re transferring stocks or cash from Robinhood to an outside brokerage, there is a $75 fee.
他の証券会社では取引に1回5ドル近くかかるようですので、小額の株を頻繁に買いたい、毎月積み立てたいといった場合は、一旦Robinhoodで購入し、最後に非居住者でも口座が維持できる証券会社に移行する、といったことができるかもしれません。(まだ帰任していませんので、どの程度可能かは不明です・・・自己責任でお願いします)

どうやったら株がもらえる?

流れはこんな感じ。

①既存会員の紹介リンクを通す!

このキャンペーンは既存の会員から紹介してもらう必要があります。私は適当にネットから拾ったリンクを利用しました。ちなみに私の紹介リンクはこちらです。紹介した側にも1株プレゼントされるので、こちらからお申し込みいただけるととってもうれしいです 笑

②必要事項の入力

スマートフォンからアクセスされた場合は、各アプリストア(App Store かGoogle play)のダウンロード画面になりますので、ダウンロードし、SignUpしてください。PCからの場合はそのまま入力画面になります。
入力項目は氏名、メールアドレス、住所、SSNといったところ。今のところ、IDの証明書類などの要求もありません。

③数日後、株プレゼント申請メールが届く!

数日後にメールでプレゼント申請案内が届きます。その中のリンクをクリックすると、抽選画面が現れ、もれなく1株もらえます。

どんな株がもらえる?

1株、ってどんな株がもらえるの?というのが気になるところですが、本当にアメリカの上場株式の中からランダムで選ばれるそうです。
robin2
まとめると・・・
98% $2.50~10
1% $10~$50
1% $50~$200
ほぼ1株2.5ドルから10ドルぐらいの銘柄がもらえるようです。まあそんなもんでしょうね・・・
ちなみに私はこんな株が当たりました!
FullSizeRender

NIOという中国の電気自動車の企業です。不勉強でまったく知らなかったのですが、一時は「中国のテスラ」と呼ばれ、去年NYで上場したそうです。
ただ、最近リコールが起きたり、なかなかの業績のようで、「若くてお金が余ってるならどうぞ」とまで言われる始末のよう・・・自分では絶対に買わない銘柄ですね(笑)

とはいえ、成長産業ですので、大化けしたらラッキーですし、紙くずになっても痛くもかゆくもないので、タダでもらった宝くじと思ってしばらくホールドしておこうと思います。

(なお、この株プレゼントはアメリカの雑収入、Other Incomeの対象となり、Form 1099-Miscが発行されます。確定申告の際はご注意ください。)

アメリカ駐在中にアメリカ株をしてみたいと思う方はぜひ!

売買手数料無料というのは非常にうれしいので、しばらくこのサービスを使って小額の株を買い足していきたいと思います。
少しアメリカ株をやってみたい、宝くじ気分で株がほしい(笑)というアメリカ駐在員の方はぜひ!
興味がある方はこちらからどうぞ!



SPONSORED LINK