過去記事はこちら!

事前準備が重要!

それなりの費用がかかりますので、事前準備が必要です。
特に重要と思われる点をシェアしたいと思います。

1、SFCカードに移行可能なクレジットカードの発行

クレジットカードなので審査がある!

SFC(スーパーフライヤーズ)カードはクレジットカードです。つまり開設にはクレジットカード会社の審査が入ります。
もし修行が終わってプラチナメンバーになったとしても、この審査に通らない可能性があるのです・・・
ただし、同じカード会社で一定以上のANAカードを持っていれば、審査なしでSFCカードに移行できます。ANAカードには、一般・ワイド・ゴールド・プレミアのランクがありますが、ワイド以上であれば審査なしでいいとのこと。ということで先に移行可能なカードの発行をしておきたいと思います。

ANA ワイドゴールドカード(VISA)を発行!

色々種類がありますが、ググれば先輩修行僧たちの情報がありますので割愛。コスパとサービスのバランスが良い、ANA ワイドゴールドカード(VISA)を申し込むことにしました。

ANA ワイドゴールドカード(VISA)は海外から発行可能!

アメリカ在住者として一番気になるのは海外から発行できるのかですよね?
そのものずばりのFAQがありました!まとめると条件は以下の通り。
(1)送付先は日本国内のみ
(2)海外勤務先しかない場合は紙の申込書のみ。勤務先が日本国内の所在地があれば、Webで申込可能。
(3)カード送付先の日本国内の住所・名前・ 生年月日が記載された本人確認書類(運転免許証、パスポート等)の写しを提出
(4)引落口座は日本国内の円口座のみ
駐在員であれば、(2)、(4)は問題ないと思います。また、日本の実家へ送ることができれば、(1)もOKですね。

実家の住所証明をどうする?

問題は(3)の送付先の住所証明です。受け付けてくれるのは以下。
(1)パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)
(2)健康保険証(ご本人の氏名・生年月日・住所のページ ※カードタイプの場合は両面)
(3)住民票の写し(発行日より6ヵ月以内のもの、原本も可 ※住民票コードの記載がある書類はお受付できません。)
運転免許証も健康保険証も出国前の貸家の住所だったのですが、パスポートの最終ページが空白になっているのに気づきました。
p_passport

この部分は手書きすればいいので、実家の住所を書いて提出したところ、それでOK!
無事実家に送付されました!
Photo Dec 11, 9 24 45 PM

2、資金調達

ある意味これが一番大切ですね 笑
実はあるあてがありました。
このAmex Platinum Cardを作った際に、Amexのポイントを75,000ポイントもらっていました。
このポイントは1ポイント=1マイルとしてANAマイレージにも移行可能なものです。
そしてANAマイルはANA SKY コインという航空券の支払いに10コイン=10円で充当できる電子商品券に交換できます。
マイレージで交換した特典航空券ではプレミアムポイントが貯まらないのですが、ANA SKYコインで購入した航空券であれば、通常通りプレミアムポイントが貯まるのです。
交換比率ですが、前年がブロンズメンバーだったので、最高1.7倍になります。
SKYCOIN3
もらった75,000ポイントを交換すると・・・
75,000ポイント=75,000 ANAマイル =127,500 ANA SKY コイン=127,500円分の航空券
Amex Platinumの年会費が550ドルだったので、550ドルで127,500円分の航空券が買えたことになります!
ということでこれが・・・
SKYCOIN
こうじゃ!
SKYCOIN2
Amex様ありがとうございます!

次は修行日程を決めよう!

とりあえず準備はできたので、いよいよ修行日程を決めたいと思います。続く・・・


SPONSORED LINK