過去記事はこちら!

情報をまとめてみた!

修行のフライトを終え、規定路線だった日本出張などもこなし、残りのポイントも貯まりましたので、無事プレミアメンバーとなりました。 修行に当たり、かかった費用などの情報をまとめていきたいと思います!

修行で獲得した28,224ポイント!

24,000ポイントは日本出張やアメリカ国内出張で貯められるので、残り約26,000ポイントが必要でしたが、この修行で獲得できたプレミアムポイントは合計28,224ポイント! 
予約クラスの影響を大きく受けたので、ニューアーク⇔成田のポイント(4,706)と成田⇔バンコクのポイント(4,703)がほぼ同じという結果になりました。
syugyo plan


201912point

計算式は下記の通り。
プレミアムポイント=区間基本マイレージ × 予約クラス積算率 × 路線倍率 + 搭乗ポイント 
これに当てはめると、各フライトのポイントは以下の様になります。
ニューアーク⇔成田
区間マイル 6,723 × 予約クラス倍率 70% × 路線倍率 100 % + 搭乗ポイント 0= 4,706 ポイント
成田⇔バンコク
区間マイル 2,869 × 予約クラス倍率 100% × 路線倍率 150 %+ 搭乗ポイント 400= 4,703 ポイント

かかった費用一覧!

かかった費用は以下の通り。
EWR→成田→BKK→成田→EWR 1,348.63 148,349
BKK→羽田/成田→BKK 129,090
BKK空港ホテル① 51.19 5,631
BKK空港ホテル② 33.16 3,648
Total 286,718

このうち、「BKK→羽田/成田→BKK」はAmexポイント→ANAマイル→ANA SKYコインのルートでカバーできたので、現金の手出しはありませんでした。

プレミアムポイント(PP)単価は9.83円!

マイル修行の世界では、1プレミアムポイントを稼ぐのにいくら使ったか、いわゆるプレミアムポイント(PP)単価が話題になります。
今回の修行の旅のPP単価を計算すると・・・
(148,349 + 129,090)÷ 28,224 =9.83
9.83円となりました。10円を切ると優秀といわれているそうなので、ぎりぎり切ることができました。
実際には空港ホテル代が約1万円ほどかかっているので、もう少し上がってしまいますが・・・

マイル修行検討中のアメリカ駐在員の方へ!

マイル修行を考えているアメリカ駐在員の方(もちろん駐在員でない方も!)へ下記をお伝えしたいと思います!

1、まずは日本のANAカードを作りましょう!

いざSFCを作成しようと思ったら、クレジットカードの審査が却下、なんてことになると目も当てられません・・・
修行をされる場合はまずSFCに切替可能なANAカードを作成しておきましょう。
海外からでも作成する方法がありますので、準備編をご覧ください。

2、北米⇔東南アジア路線は修行でなくてもおすすめ!

北米⇔東南アジア路線は航空券価格が非常に安く、時間を気にしないのであれば、東京でストップオーバー(途中降機)扱いとすることで、単純に北米⇔東京を往復するよりも大幅に安くなることが多いです。
会社が費用を出してくれない一時帰国の際は、検討されても良いと思います。ついでに東南アジア旅行もできますね。
結果的になかなかのマイル・プレミアムポイントが貯まりますので、そのまま修行の道へどうぞ(笑)

3、エアカナダで帰国もおすすめ

今回は私は使いませんでしたが、エアカナダの国際線チケットはどんなに安いエコノミーのチケットでも、区間マイルの50%のマイル・ポイントが貯まります。
201912 air canada
ANA、ユナイテッドの場合、格安チケットでは区間マイルの30%しかマイル・ポイントがもらえないことがあるので、その分差が出てきます。
さらにエアカナダで日本へ行く場合、当然カナダで乗り継ぎが必要になるので、比較的チケットが安くなり、効率的に修行ができると思われます。
国内線の格安チケットだと一切マイル・ポイントが付与されない可能性が高いので、お気をつけを!

SPONSORED LINK