タダでアメリカ株(NIO)をもらった!のその後…

最近では機関投資家よりも株価に影響を与えていると言われている、新興の証券売買サービス、Robinhood(ロビンフッド)で、既存の会員から紹介を受けることで、タダで1株もらえるというキャンペーンがあります。

私がもらった時の記事はこちら。

強制売却?

この時もらったのはNIO(ニオ)という中国の電気自動車メーカーのもの。
当時、大規模なリコール問題が発生し、「若くて金が有り余ってるならどうぞ」というギャンブル株でした。 

もらってしばらくしたある日、Robinhoodからメールが。
ざっくり要約すると、「外国株は利用手数料をいただきます。嫌だと思うので、120%で自動的に買い取ってあげるよ。保有しておくなら連絡するように」とのことでした。
この時の株価は約1.5ドル。手数料が定期的に3セントかかるそうです。 こんなクズ株に手数料を払うなんてアホらしいし、電話するのも億劫だ、と思った当時の私は、そのままにしておいたのです。

売ってしまいました…

ということで、たったの1.86ドルで自動的に売ってしまったわけです。

まさかの大復活…

持っていたことすらすっかり忘れていたある日、ツイッターのフォロワーさんからこんなメッセージが。
試しに株価を見てみると、なんと40ドル越え…


もらった時の株価3.37ドルの10倍を軽く超えていたのです。うそでしょ… 少し前のクズ株が中国屈指の期待株になっていたのです。
いつかこんな株を買ってみたいと思っていたのに、実は持っていたなんて… 
たった数セントをケチったばかりに大きな獲物を逃してしまいました。 どうぞ笑ってやってください(泣)

リベンジだ!

あまりに悔しいので、リベンジしてやりました! 

FullSizeRender
ただし既に日本帰国済みで、税金が色々めんどくさくなりそうですので、日本の楽天証券で購入です。
さらなる爆上げが起きます様に!


Robinhood(ロビンフッド)で夢を見たい方はこちらから!(アメリカのSSN、運転免許証か必要です。)

SPONSORED LINK