2018年07月

クレジットカードは夫婦それぞれで作れる!

Unitedのカードで気をよくした私は、何か他のクレジットカードでも稼げるのかも・・・と思い、色々調べていたところ、こんな記事が。
収入のない駐在妻でも作れてしまうんですね!

夫婦で紹介することで、デルタ航空のマイル合計13万マイルがゲットできる?

同じくへらじかさんのブログでこんな記事も発見。13万ですか…

もらえる条件は?

条件はシンプルで、カード作成から2ヶ月以内に2,000ドル使うと5万マイル、さらに1,000ドル使うと1万マイルがもらえるとのことでした。(当時)合計6万マイル また、デルタ航空でカードを利用すると、50ドルのステートメントクレジット(キャッシュバック)ももらえます。 年会費は95ドルですが、初年度は無料です。

(注意)時期により、もらえるマイルは大きく異なります!

デルタ航空はマイルが無期限!

私の住むニュージャージーのメイン空港はニューアーク。ユナイテッドのハブ空港ですので、デルタ航空を使うことは全くありません(笑)
飛んではいますが、アトランタ、デトロイトといったデルタ航空のハブへのフィーダー路線のみ!
もらってどうするんだ?という声も聞こえてきそうですが、デルタのマイレージプログラムの最大の特徴は期限がないこと!3年でどんどん失効する日系プログラムにも見習っていただきたいところです。
ということで、とりあえずもらっておいて、日本帰国後にハワイへ行くなんてことも可能です。

ということでやってみた。

善は急げということで、早速申し込んで見ました。まずは私の分。
skymile1
申込時にすぐApproveされ、1週間ほどでカードが届きました。
順調に(?)3,000ドルを消費すると、このように6万マイル付与されました!
Skymile2

50ドルのステートメントクレジットをもらうには?

デルタ航空で利用すると、50ドルのステートメントクレジットももらえます。
しかしNJでは乗る機会が全くない・・・と思っていたのですが、なんとギフト券の購入でも50ドルが還元されるようです!


この記事によると、ステートメントクレジットは以下の条件を満たせば50ドルもらえるとのこと。

・You can pay the taxes on an award ticket, as that starts at just $5.60
・You can pay a checked bag fee or upgrade your seat
・You can purchase a drink or snack onboard your next Delta flight
・You can purchase a Delta SkyClub membership or day pass If you have SkyClub access, you can buy a premium drink in the SkyClub
・You can purchase a Delta eGift card, which come in a minimum quantity of $50; there’s no fee to purchase it, and the gift card never expires

ということで買ってみました。最低購入金額が50ドルなので、ちょうど帳消しになる計算です。


結果は・・・
Skymile3
大勝利!!

次は妻のカードを作成

続いて妻のカードを作成です。その際、「Refer a Friend」を行うことで、当時は1万マイルもらえました。 今回がはじめての妻名義のクレジットカードでしたが、難なくApproveとなりました。 すぐに私のマイル口座に1万マイルが加算されました。 Skymile4
こちらのカードも3,000ドル使用して、めでたく6万マイルをゲット。もちろんデルタ航空のギフトカードも購入しました。合計13万マイルゲットだぜ!

13万マイルどうやって使おうか 笑

普通にこのマイルを貯めようと思ったら、日米を何回往復したらもらえるのか?という数字ですが、やったことはただカードを作って日々の支払いに使っただけです。 どうやって使おうか、うれしい悩みです 笑

今なら3,000ドル利用で6万マイルもらえます!

こちらのリンクを通すと、4ヶ月で3,000ドル利用するだけで、6万マイルもらえます!私のときより条件が緩いですね!残念ながら50ドルのデルタ利用時ステートメントクレジットもついてきません。

ユナイテッド航空でフライトキャンセルをくらったよ!その2

前回の記事の続きです。 前編はこちら!


ホテルからタクシーに乗ったら・・・

空港からホテルへ向かうタクシー、ホテルの滞在は航空会社発行のバウチャーで問題なく利用ができました。 その帰り、ホテルで帰りのタクシーを呼びました。 どうも航空会社のバウチャーはタクシー業界ではあまり受けがよくないらしく、(たぶん現金化が遅いようです。)フロントでバウチャーを使えるタクシーを呼んでもらったのですが、いざ支払いになると、受け付けないとのこと・・・ ここで長々交渉する時間もないので、とりあえずカードで払っておきました。

立替払いでもOK!

空港のカウンターでバウチャーが使えなかったのだけど、、と聞いてみたところ、返金くれるとのこと! コンタクトに入力して、タクシーバウチャーと実際のレシートの写真を送れば完了!

ユナイテッド航空から小切手が届いた!

すぐにユナイテッドから小切手が届きました!オリジナル小切手です(笑) IMG_7639
IMG_7638

ユナイテッド航空でフライトキャンセルをくらったよ!

他のアメリカ駐在員と比べると出張・旅行は少なく、数ヶ月に1度しか飛行機には乗らないのですが、乗ればだいたい何か起こるこの私。
ついに出張先でフライトキャンセルをくらってしまいました。

前日から雷雨の予報が出ており嫌な予感はしていましたが、予報通り激しい雷雨に見舞われ4時間待ったあげく夜の10時にキャンセル決定・・・
乗ろうとしていたのはニューアーク行き最終のため、もれなくお泊り決定です。

まずはカウンターに並びましょう!

ホテルはどうなるのかなど、交渉が必要ですので、まずはカウンターに並びましょう。
皆さん殺気立っていますので、一人一人に時間がかかります。とにかく早く並ぶことがまず第一です。

アプリで代替便などの情報をチェック!


アメリカの航空会社は概してサービスがク〇なのですが、スマートフォンアプリだけは本当によくできています。日系航空会社にも見習ってほしいものです。
ユナイテッド航空の場合、自社のマイレージメンバーでなくても、予約番号等の情報でアプリ上にフライトを登録することが出来ます。今回はユナイテッドのマイレージを登録していたので、自動的に登録されています。
このアプリの中で代替便の情報まで乗っていたのですが、なんと翌日の昼発の便に振り替えられていました。アプリ上で他の選択肢もあり、朝一の6時発が空いていたので即変更しました。
知っている人だけが有利というアメリカらしいシステムです…
また、今回のフライトキャンセル理由を確認しておきましょう。これかなり大事なんです。
今回は機材トラブルということになっていました。

係員と交渉!

順番が回ってきたら係員と交渉に入ります。既に代替便は一番ましなものに振り替えたので、今夜の宿など補償の交渉です。
少なくともユナイテッド航空の場合、天候が理由だと一切補償は無いことになっているようです。
ついさっきまで激しい雷雨だったので、前に並んでいた同じ便の乗客たちは、振替便の調整だけして空港を後にしていきました。中には空港に泊まっていく、という人もおり、その人にはアメニティが配られました。
しかし今回は機材トラブルのはず。さすがに航空会社に非があるなら負担してくれるんじゃないの?ということで交渉開始です。

私「ホテルとかどうなるの?」
係「天候が原因だから何も無いけど?」
私「アプリだと機材トラブルになってるからそっち持ちじゃないの?」
係「この嵐でそんなわけないと思うけど。一応現場に聞いてみるわ」
係 TEL
係「機材トラブルで合ってるからホテル代とかは出すわね」


係員まで勘違いしていたのです…私より前の乗客たちは何も知らされずに自腹になってしまいました。
アプリの情報が無ければ、危うく私も自腹を切る羽目になるところでした。

負担してもらったもの


その場でホテルも探してもらい、ちょっと遠いものの空きがありました。もちろんそこまでのタクシー代もユナイテッド持ちでした。プラス夜と朝の食事代として10ドルずつのバウチャーをもらえました。
代替便もなぜかエコノミープラスにアップグレードもしてくれました。
あとついでに空港泊用のアメニティを交渉前に貰っていて、返せともいわれなかったのでお土産にしておきました(笑)

IMG_7428

まとめ:情報が命!スマホアプリは絶対にダウンロードしておくべし!

今回はスマホアプリに本当に助けられました。係員すら欠航理由を勘違いしている、むしろこっちが間違っているみたいなことにもなりかねなかったので、公式アプリは本当に大事です。
ユナイテッド航空をはじめ米系航空会社を利用する場合は事前にスマホアプリのダウンロードとフライト情報の登録をお忘れなく!


続きがあります・・・


全て航空会社負担でめでたしめでたし、と思いましたが、そうはいかないのがここアメリカ。
続きはこちらです。




↑このページのトップヘ