2019年07月

ベイエリアへ行ってきた!

出張でベイエリアへ行ってきました。

オークランド(Oakland)に併用軌道が!

前乗りしたので、また趣味の乗り物名所めぐりです。
サンフランシスコの対岸、オークランドの街の割とど真ん中に併用軌道があります。
併用軌道とは‥いつもの通りWikipediaさんにお願いしましょう 笑

併用軌道(へいようきどう)とは、道路上に敷設された軌道の事を指す。路面電車などで良く見かける敷設形態だが、一般的な鉄道車両が走行する場合もある。
Wikipedia
場所はこちら
ストリートビューだとこんな感じ。
さすがGoogleさん。タイミングバッチリ!
行かなくていいじゃん 笑
FullSizeRender

併用軌道をアムトラックが!

もうネタバレしてるわけですが、なんと道路の上をアムトラックが走るのです!
ここはオークランドの中央駅とも言える、Jack London Square駅。
IMG_8413
ホームは普通の駅なのですが、そのまま少し進むと、そのまま歩道になります。
IMG_8412
そして線路は道路の上へ。数百メートルだけ路上を走ります。日暮れの時間なので、夕日がまぶしい!
IMG_8411

タイミングよく列車がやってきました!交差する道路には遮断機が降ります。
列車は残念ながら向こう側の線路‥
ちょっと迫力がないですね。
IMG_8410

貨物列車も走るそうなのですが、今日は日曜だったので、どうも期待できないようです。
1時間ほど待つと、すっかり暗くなってしまいましたが、次のアムトラックがやってきました。今日はこちら側の線路しか使わない模様。
IMG_8415
写真ではあまり伝わりませんが、二階建ての列車が目の前を通過するのはなかなかの迫力!
この列車が併用軌道を抜けると、すぐに対向の列車が!
IMG_8414
建物が動いているようです!
IMG_8416

面白いものが見れました!
シカゴ郊外にもあるそうなので、今のうちに見ておきたいですね!

タダで株がもらえる?

ちょっと資金に余裕が出てきたので、駐在している間にアメリカ株に手を出したいと色々調べていたところ、新興の証券売買サービス、Robinhoodでというところで、既存の会員から紹介を受けることで、タダで1株もらえるというキャンペーンがあることがわかりました。

Robinhoodとは?

説明はWikipediaにお任せしたいと思います 笑
ロビンフッド(英語: Robinhood Markets Inc.)は、アメリカ合衆国のフィンテック企業、および同社が提供する証券取引アプリの名称。証券取引手数料がゼロというのが最大の特徴となっている。 金利収入、ブローカーから受け取るリベート、アプリのプレミアム会員から徴収する手数料が主な収益源となっている。
Wikipediaより
証券取引手数料が無料というのはすごいですね!
日本でも一部で話題になっていたようです。
残念ながら、アメリカ非居住者は利用できないため、帰任の際は口座を閉じなければなりません。(リンク)
Robinhood1
ただし、他の証券口座へ手数料$75で移動することができるとのことです。(リンク
Fees for Transferring Stock
If you’re transferring stocks or cash from Robinhood to an outside brokerage, there is a $75 fee.
他の証券会社では取引に1回5ドル近くかかるようですので、小額の株を頻繁に買いたい、毎月積み立てたいといった場合は、一旦Robinhoodで購入し、最後に非居住者でも口座が維持できる証券会社に移行する、といったことができるかもしれません。(まだ帰任していませんので、どの程度可能かは不明です・・・自己責任でお願いします)

どうやったら株がもらえる?

流れはこんな感じ。

①既存会員の紹介リンクを通す!

このキャンペーンは既存の会員から紹介してもらう必要があります。私は適当にネットから拾ったリンクを利用しました。ちなみに私の紹介リンクはこちらです。紹介した側にも1株プレゼントされるので、こちらからお申し込みいただけるととってもうれしいです 笑

②必要事項の入力

スマートフォンからアクセスされた場合は、各アプリストア(App Store かGoogle play)のダウンロード画面になりますので、ダウンロードし、SignUpしてください。PCからの場合はそのまま入力画面になります。
入力項目は氏名、メールアドレス、住所、SSNといったところ。今のところ、IDの証明書類などの要求もありません。

③数日後、株プレゼント申請メールが届く!

数日後にメールでプレゼント申請案内が届きます。その中のリンクをクリックすると、抽選画面が現れ、もれなく1株もらえます。

どんな株がもらえる?

1株、ってどんな株がもらえるの?というのが気になるところですが、本当にアメリカの上場株式の中からランダムで選ばれるそうです。
robin2
まとめると・・・
98% $2.50~10
1% $10~$50
1% $50~$200
ほぼ1株2.5ドルから10ドルぐらいの銘柄がもらえるようです。まあそんなもんでしょうね・・・
ちなみに私はこんな株が当たりました!
FullSizeRender

NIOという中国の電気自動車の企業です。不勉強でまったく知らなかったのですが、一時は「中国のテスラ」と呼ばれ、去年NYで上場したそうです。
ただ、最近リコールが起きたり、なかなかの業績のようで、「若くてお金が余ってるならどうぞ」とまで言われる始末のよう・・・自分では絶対に買わない銘柄ですね(笑)

とはいえ、成長産業ですので、大化けしたらラッキーですし、紙くずになっても痛くもかゆくもないので、タダでもらった宝くじと思ってしばらくホールドしておこうと思います。

(なお、この株プレゼントはアメリカの雑収入、Other Incomeの対象となり、Form 1099-Miscが発行されます。確定申告の際はご注意ください。)

アメリカ駐在中にアメリカ株をしてみたいと思う方はぜひ!

売買手数料無料というのは非常にうれしいので、しばらくこのサービスを使って小額の株を買い足していきたいと思います。
少しアメリカ株をやってみたい、宝くじ気分で株がほしい(笑)というアメリカ駐在員の方はぜひ!
興味がある方はこちらからどうぞ!



朝食は何派?

みなさま、朝食は何派でしょうか?
パン派?ご飯派?それともシリアル派?
子どもの頃からシリアルに憧れていた私は、もちろんシリアル派です 笑

1つ買うと1冊本がもらえる?

いつものスーパーで、Kelloggシリアルを4つ買うと1つ1.99ドルというセールをやっていたので、買ってきたのですが、箱に気に文言が。
IMG_8392

1箱買うと1冊本がもらえるらしいです。
こちらのリンクを見ろとのことなので見てみました。

FullSizeRender


申し込み方法はこの通り。
FullSizeRender
9/30までにシリアルを購入し、30日以内にレシートをアップロードするだけとのこと。
125冊の中から1冊選べます。
赤ちゃんからティーンまで、満遍なく用意されていますが、特に絵本が多いですね。
自分の子供の年齢にオススメなものを選んでみました。
ちなみに、寄付もできます。

立派な絵本が届いた!

どうせペラペラのちゃちいものが来るだろうと思っていたのですが‥

3日でちゃんとした絵本が届きました!
FullSizeRender

有名なはらぺこあおむしの英語版もあります。
これなんて定価10.99ドル!1.99ドルのシリアル買っただけなんですが 笑
送料すらかかりません。
FullSizeRender

いったいどうやって利益出しているのがさっぱりわからないのですが、もらえるものはもらっておきましょう!
シリアル派で、お子様がいらっしゃる方はお見逃しなく!





シカゴと言えばLoop!

シカゴと言えば何を思い浮かべますか?
乗り物好きとしては、真っ先にこれ!
IMG_7021
通称Loopと言われる、高架鉄道です。
無骨な鉄骨がたまりませんね。(なんだか日本語が変ですね 笑)
特にこのクインシー駅は駅舎も古いままで趣きがあります。

Loopと言えばダイヤモンドクロッシング!

初めてのシカゴ出張だったのですが、少し時間があったので、念願だったダイヤモンドクロッシングを見てきました。
そもそもダイヤモンドクロッシングとは‥
ダイヤモンドクロッシング(Diamond crossing、または Diamond junction)とは、鉄道の平面交叉する箇所における軌道構造で、直交するものと、X字状の配置で特殊分岐器の一部となっているものがある。頭文字をとってDCと略称することもある。中央部の形状がダイヤモンド形(菱形)であるためこう呼ばれる。(Wikipedia
簡単に言うと、線路が♯型で交わっている部分です。
交差点状態になりますので、制御が難しく、一般的には、立体交差にするものです。
日本でも数例あるものの、どちらか(松山)または両方(高知)が路面電車なので、少し迫力に欠けます‥
このシカゴのダイヤモンドクロッシングはどちらも普通鉄道なので、アメリカにいる間にぜひ行きたいところでした!

どこにある?

場所はこちら
オヘア空港からのブルーラインに乗り、クラーク/レイク駅で降り、西側の出口を出ると真上になります。
IMG_6986

どうやって上から見る?

皆さんお気付きでしょうか?
そう、下からでは何がなんだかわからないのです(泣)
ネットでは上から撮った写真が色々上がっているので、ストリートビューで事前にシミュレーションしておきました。

狙いはこの駐車場
IMG_7654

南東の角にあり、いい感じで線路に沿って窓があるので、行けるかも、と踏んでみました。
結果は‥
IMG_7655

大勝利です!皆さんここから撮ってるみたいですね。
2階か3階がおすすめです。これは2階から。
途中掃除のおじさんと会いましたが、写真撮らせて、と言ったら「気をつけて、落ちるなよ!」と言われておしまいでした。結構同好の士が来ているんでしょう。

確かに、微妙に外にせり出さないとこのアングルでは撮れず、当たり前ですが車に注意が必要です。

とても褒められた行為ではないので、もし怒られたら大人しく退散してください!

また、夜ここにいると完全に不審人物(昼でも十分不審ですが‥)ですので、あらぬ疑いをかけられかねません。また、周囲はあまりいい雰囲気ではなかったので、行くなら昼にした方が良いでしょう。

IMG_7659
時を忘れて見入ってしまい、本業に差し支えるところでした 笑

こちらは帰りの車内から。複雑です‥
IMG_7662

通勤時間は過ぎており、少し待ち時間がありましたが、朝は本数が大幅に増え、経路も変わるため、もっと面白そうです。
朝、またリベンジしたいですね!







NJ住民の特権?自由の女神へNJから行ってみよう!

NY観光の目玉と言えば、自由の女神は外せません。
誰か日本から遊びに来れば、連れて行くことしばしば。
自由の女神へは船でしかいけないのですが、実はNJ側(Liberty State Park)から行くことも可能です。料金も全く一緒! NY側の乗り場は非常に込み合っていますが、NJ側はまず混んでいません(笑) 

乗り場へ行くのは車をお勧めしますので、NJ在住で車を持っている人の特権(?)とも言えます。
もちろん、各地から車でNYへ来る方にもお勧めです。

乗り場はこちら!

乗り場はこちらです。歩いて30分ほどのところにライトレール(路面電車)の駅がありますが、あまり道がよくなく、特に夜はお勧めしません。 車で行きましょう!

無料駐車場があります!

乗り場の近くに駐車場がありますが、こちらは有料($7)です。足元見てますね(笑)
ちょっとでも安く済ませたい方は少し離れたところに無料で停められる場所があります。

乗り場まで歩いて10分ほどでしょうか。公園の中を散歩する感じです。
NYを背景にのんびりできる公園なので、ピクニックなど、自由の女神に行かなくても楽しめると思います。

位置関係はこんな感じ。天気がいいときは本当に気持ちいい散歩になります。
statue


これはある冬の休日の無料駐車場。
IMG_1556
がらがらですね(笑)
天気のいい夏は満車のことがあるので、お気を付けを!
また、昼間はまったく問題ありませんが、夕方になると人が一気にいなくなります。
時間制限があるわけではありませんが、長居は避け、特に遅くなる場合は近くの有料駐車場の方に停めた方が安全かと思います。
あと、船がNY側と比べてかなり少ないので、予め時間を調べていきましょう!

無料で近くから見たい方はこちら!

近くから見れればいい!という方はこちらもどうぞ!

↑このページのトップヘ