2019年12月

マイル修行の模様はこちら!

アメリカ駐在員がANA スーパーフライヤーズカード(SFC)を申し込んでみた!

マイル修行を終え、無事ANAプラチナ会員になることができました。
プラチナ会員になると、スーパーフライヤーズカードを作ることができます。
このカードを作りさえすれば、カード年会費を支払い続ける限り、スターアライアンスゴールドメンバーでいられます。
善は急げということで、早速申し込んでみました。

海外からでも申込可能?

海外駐在員として気になるのは、海外からも申込可能なのかですが、できます!
私の流れは以下の通り。先にSFCへ切替可能なクレジットカードを作っておくのが大事です。
海外からANA VISA ワイドゴールドカードを作成 → プラチナ会員になる → SFCへ切替

申込方法は?

申込の流れは日本からと同じだと思います。ネットではできず、郵送のみです。
プラチナ会員になったら、こちらのリンクから申込。
ANAマイレージクラブへのログイン画面になるので、ログインすると、自動的にANAマイレージクラブの登録住所が入った申込画面になります。私はもちろんアメリカの住所です。
SFC11
ほんとに届けてくれるか不安なのですが、申込できるということは大丈夫なのでしょう。

海外まで申込書が届いた!

約3週間後、こんな封筒が届きました。申込書です!400円も払って送ってくれてありがとうございます!
ANAマイレージの登録住所とクレジットカード(三井住友VISA)の住所は一致している必要はない、ということですね。
image0
ついに手に入れました!ご案内です。
image1
記入内容は現在のANAクレジットカードの番号と氏名のみ。
image2

同封されている封筒は日本のみ使用可能な受取人払いのものなので、近々帰国した際に投函の予定です。
カードは現在のANAカードの登録住所に届くとのこと。私の場合は実家に届く予定です。

いつSFCの申込をするべき?

SFCを申し込める状態になったということは、その年と翌年のプラチナステータスが確定しているはずです。当然SFCが無くてもスターアライアンスゴールド会員ですので、SFCをすぐに作成する必要はありません。
しかし、敢えて修行をして手に入れたい方は、SFC申込が可能になったらすぐに切り替えるべきだと思います。理由は以下の通り。

1、どのみちカード年会費がかかる

修行後にANAカードを申し込んだ場合、審査が通らず、カードそのものが発行できないリスクがあります。それだけは避けたいので、修行前に後々SFCに切替可能なANAカードを作成しておくべきでしょう。となると、SFCに変更してもしなくてもカード年会費を支払い続ける必要があるので、忘れないうちに切り替えてしまうべきだと思います。

2、アップグレードポイントが+4ポイントもらえる!

ブロンズ会員以上になると、昨年度のANA利用状況に応じて、座席のアップグレードなどに使えるアップグレードポイントがもらえます。
Upgradepoint
さらにSFCを持っている場合、さらに4ポイントもらえるのです!
スーパーフライヤーズ会員のお客様
「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバーかつスーパーフライヤーズ本会員のお客様(家族会員様は対象外)には、ANAグループ運航便のご利用に応じて獲得されたポイントに加え、さらに一律4ポイントをプレゼントいたします。
1月末までにSFCに入会すればこの追加ポイントがもらえるそうなので、急がないと!

3、SFCが今後どうなるかわからない・・・

今のところ、SFCがなくなるという噂はありません。しかし、ここのところ、国際線エコノミークラスの座席指定有料化など、SFCサービスの改悪が進んでいます。
ANAのラウンジは国内・国際線ともいつも大混雑だったりするため、プラチナ会員以上のそれなりに利用している人と待遇に差をつけていく方向だと思います。
JALとの競争もありますので、いきなりSFCの特典が全部無くなる、ということは無いと思いますが、新規加入の条件を厳しくする、最悪の場合、募集停止という可能性もゼロではありません。
既に加入している会員から剥奪するようなことはさすがに無いと思いますので、早めに既得権益を得ておいたほうが精神衛生上よろしいのでは。

あとはカード到着を待つばかり!

今年中には切替申込書を投函できるはずなので、1月中にはカードが発行されると思います。楽しみです!

過去記事はこちら!

情報をまとめてみた!

修行のフライトを終え、規定路線だった日本出張などもこなし、残りのポイントも貯まりましたので、無事プレミアメンバーとなりました。 修行に当たり、かかった費用などの情報をまとめていきたいと思います!

修行で獲得した28,224ポイント!

24,000ポイントは日本出張やアメリカ国内出張で貯められるので、残り約26,000ポイントが必要でしたが、この修行で獲得できたプレミアムポイントは合計28,224ポイント! 
予約クラスの影響を大きく受けたので、ニューアーク⇔成田のポイント(4,706)と成田⇔バンコクのポイント(4,703)がほぼ同じという結果になりました。
syugyo plan


201912point

計算式は下記の通り。
プレミアムポイント=区間基本マイレージ × 予約クラス積算率 × 路線倍率 + 搭乗ポイント 
これに当てはめると、各フライトのポイントは以下の様になります。
ニューアーク⇔成田
区間マイル 6,723 × 予約クラス倍率 70% × 路線倍率 100 % + 搭乗ポイント 0= 4,706 ポイント
成田⇔バンコク
区間マイル 2,869 × 予約クラス倍率 100% × 路線倍率 150 %+ 搭乗ポイント 400= 4,703 ポイント

かかった費用一覧!

かかった費用は以下の通り。
EWR→成田→BKK→成田→EWR 1,348.63 148,349
BKK→羽田/成田→BKK 129,090
BKK空港ホテル① 51.19 5,631
BKK空港ホテル② 33.16 3,648
Total 286,718

このうち、「BKK→羽田/成田→BKK」はAmexポイント→ANAマイル→ANA SKYコインのルートでカバーできたので、現金の手出しはありませんでした。

プレミアムポイント(PP)単価は9.83円!

マイル修行の世界では、1プレミアムポイントを稼ぐのにいくら使ったか、いわゆるプレミアムポイント(PP)単価が話題になります。
今回の修行の旅のPP単価を計算すると・・・
(148,349 + 129,090)÷ 28,224 =9.83
9.83円となりました。10円を切ると優秀といわれているそうなので、ぎりぎり切ることができました。
実際には空港ホテル代が約1万円ほどかかっているので、もう少し上がってしまいますが・・・

マイル修行検討中のアメリカ駐在員の方へ!

マイル修行を考えているアメリカ駐在員の方(もちろん駐在員でない方も!)へ下記をお伝えしたいと思います!

1、まずは日本のANAカードを作りましょう!

いざSFCを作成しようと思ったら、クレジットカードの審査が却下、なんてことになると目も当てられません・・・
修行をされる場合はまずSFCに切替可能なANAカードを作成しておきましょう。
海外からでも作成する方法がありますので、準備編をご覧ください。

2、北米⇔東南アジア路線は修行でなくてもおすすめ!

北米⇔東南アジア路線は航空券価格が非常に安く、時間を気にしないのであれば、東京でストップオーバー(途中降機)扱いとすることで、単純に北米⇔東京を往復するよりも大幅に安くなることが多いです。
会社が費用を出してくれない一時帰国の際は、検討されても良いと思います。ついでに東南アジア旅行もできますね。
結果的になかなかのマイル・プレミアムポイントが貯まりますので、そのまま修行の道へどうぞ(笑)

3、エアカナダで帰国もおすすめ

今回は私は使いませんでしたが、エアカナダの国際線チケットはどんなに安いエコノミーのチケットでも、区間マイルの50%のマイル・ポイントが貯まります。
201912 air canada
ANA、ユナイテッドの場合、格安チケットでは区間マイルの30%しかマイル・ポイントがもらえないことがあるので、その分差が出てきます。
さらにエアカナダで日本へ行く場合、当然カナダで乗り継ぎが必要になるので、比較的チケットが安くなり、効率的に修行ができると思われます。
国内線の格安チケットだと一切マイル・ポイントが付与されない可能性が高いので、お気をつけを!

過去記事はこちら!

いよいよアメリカへ戻ります!

早朝のフライトでしたが、無事早起きできました(笑)
今日はぶっ続けで乗り続けることになります。明らかに写真が減っているのは秘密です(笑)

プライオリティパスでMiracle Lounge利用

次のフライトはただのエコノミーなので、ラウンジは利用できません。
しかし!私にはAmex Platinum Cardがあります!このカードにはプライオリティパスがついています。バンコク・スワンナプーム空港ではこれだけのラウンジで利用可能です。これは助かりますね!
Miracle First Class Lounge(コンコースA)
Miracle Lounge(コンコースA)
Miracle First Class Lounge(コンコースC)
Blue Ribbon Club Lounge(コンコースD)
Miracle Business Class Lounge(コンコースD)
Miracle First Class Lounge(コンコースD)
Turkish Airlines Lounge(コンコースD)
Oman Air First & Business Class Lounge(コンコースE)
Air France - KLM SkyLounge(コンコースF)
Miracle First Class Lounge(コンコースF)
Miracle First Class Lounge(コンコースG)
Blue Ribbon Club Lounge(コンコースA)
搭乗口に一番近いMiracle Loungeへ。
FullSizeRender
ここでもシャワーを浴びます。
FullSizeRender
ここからは一気にアメリカへ向かいます。記事も一気にまいります。

フライト⑤ NH806 バンコク(BKK)6:50→成田(NRT)15:00

プレミアムポイントは予約クラス「B」で、合計4,703ポイント加算
エコノミーですが、非常口席を押さえられたので、足が伸ばせて楽でした。
FullSizeRender

フライト⑥ UA78 成田(NRT)17:00→ニューアーク(EWR)16:50

2時間しか乗り換え時間が無いので、そのまま搭乗口へ。
FullSizeRender
行きと同様、予約クラスは「R」、4,706ポイントゲットです。
FullSizeRender
ここからはプレミアムエコノミー(プレミアムプラス)。行きと同様、隣席が空席なので、ゆったり帰れます!
FullSizeRender
ただ乗ってるだけでもお腹は空きます。
FullSizeRender
さすがにフライトが続いて疲れていたので、一眠りして朝食。こういう時はアメリカンスタイルの朝食の方が食べやすいですね。
FullSizeRender
ついにニューアーク(EWR)到着!この日が一番しんどかったですね・・・

28,224プレミアムポイント獲得!

長かったですが、思ったほど疲労感は無かったです。獲得できたプレミアムポイントは28,224ポイント。がんばりました!

過去記事はこちら!


バンコク出発!その前に空港探訪。

時差ぼけもあって、早起きでした。せっかくなので空港内をぶらぶらしたいと思います。
まずはコンビニ散策。
FullSizeRender
続いてスタバ。
FullSizeRender
ちょっと外に出てみます。暑い!
FullSizeRender
続いて中に入りまたブラブラ。きれいな空港です。
FullSizeRender

バンコク空港 エバー航空ラウンジ

次のフライトはANAのプレミアムエコノミーなので、ラウンジが利用できます。ANAラウンジが無いため、タイ国際航空、エバー航空、Miracle Loungeのどれかを利用できるインビテーションをもらえます。調べたところ、エバー航空のラウンジの評価が良いので、そちらを利用。がらがらなのでゆっくりできます。
FullSizeRender
FullSizeRender
ホテルにシャワーがなかったので、ここでもシャワーを浴びます。おそらく今日一番風呂です。
FullSizeRender
豪華な朝食も済ませて乗り場に向かいます。
FullSizeRender

フライト③ NH848 バンコク(BKK)9:35→羽田(HND)17:55

こちらはプレミアムエコノミーの予約クラス「Y」で、昨日のフライトと同じ合計4,703ポイント加算。は原則飛行マイルの100%マイル加算。
FullSizeRender
ANAのプレミアムエコノミーはNY便と大きく違うわけではないので、羽田に着くのを待つばかり。
ようやく日本へ入国できます。ちょうど1日遅れで到着です。
FullSizeRender

フライト④ NH807 成田(NRT)17:00→バンコク(BKK)21:40

友人の結婚式に無事出席し、短い日本滞在を満喫。
アメリカへ帰るわけですが、なぜかバンコクへ行かなければなりません(笑)
FullSizeRender

このフライトもプレミアムエコノミーなので、ANAラウンジが利用可能。最後の日本食をかきこみます。
FullSizeRender

プレミアムポイントは4,703ポイント加算。

タイ入国手続き(2回目)&空港内ホテル滞在(2回目)

数日振りにまたタイ入国です。特に何のリアクションも無くあっさり入国。
ホテルも全く同じBoxtel@Suvarnabhumi Airportにチェックイン。勝手知ったる空港になりました(笑)
明日は早い便(6:50)なので、早めに寝ます。続く・・・

過去記事はこちら!


ついに修行開始!旅程はこちら!

ついに準備もできたので、いよいよ修行に旅立ちます。旅程はこちら。
syugyo plan

今回は初日のニューアーク(EWR)→バンコク(BKK)の旅行記です。

フライト① UA79 ニューアーク(EWR)11:50→成田(NRT)13:55

実はこのフライトはこちらの記事で書いてあります(笑)詳しくはこちらをどうぞ!

この便の予約クラスは「R」。
201912 UA p economy
飛行マイルの70%がマイル加算、そのままプレミアムポイント額となり、4,706ポイントゲットです!

成田空港到着!

さて成田空港に到着です。いつもは入国審査に向かいますが、今回はそのまま国際線に乗り継ぎます。
この記事をお読みの方は恐らく成田空港を使ったことはあると思いますが、この乗り継ぎは日本人だと意外としないですよね。
このゲートをくぐって再度手荷物検査を行い、また搭乗口に向かいます。
FullSizeRender

ユナイテッドクラブでシャワー!

まだ時間があるので、ユナイテッドクラブ(ラウンジ)へ。
私のメインカードであるUnited Explorer Cardには2枚の無料ラウンジ券が付いてきます。
ちょうど期限が近づいていたので、ここで消化。
この特典も、SFCさえ取ってしまえば、スターアライアンス系のラウンジには入り放題なるので、不要になるんですよね。無事取得できたら、解約も考えないといけないです。
シャワーも浴びてしまおうと思います。
FullSizeRender


初めてのラウンジでのシャワーでしたが、これは爽快!
軽く食事もつまんで、次のフライトに備えます。
FullSizeRender

フライト② NH805 成田(NRT)18:25→バンコク(BKK)23:10

実質ここからが修行。バンコク行きに搭乗です。
FullSizeRender

この便にはプレミアムエコノミーの設定が無いため、エコノミーでの搭乗となります。
FullSizeRender
しかし、予約クラスが「B」という最も高いクラスになり、飛行マイルの100%がマイル加算、ANAの東南アジア路線はその1.5倍がプレミアムポイントとして加算されます、さらに、400ポイントの搭乗ポイントまで加算され、合計4,703ポイント加算。ほぼニューアークからのフライトと同じだけポイントが加算されました。

とはいえ座席はエコノミーですので、どうしても狭く感じます・・・
FullSizeRender
機内食もさすがに飽きてきてさくっと済ませて一眠り。
FullSizeRender
ついにバンコク到着です!

タイ入国手続き

手荷物を預けているため、一旦入国手続きをして手荷物をピックアップしなければなりません。
翌朝のフライトで出発、ということになるので、何か言われないか不安でしたが、興味はもたれたものの、こっちの方がチケットが安いんだ、といったらあっさりOK!タイ初入国です!ちなみに30日以内であればビザは不要です。

空港内ホテルで宿泊!

既に日付は変わり、午前0時半を過ぎていました。
バンコク・スワンナプーム空港には立派なホテルもあるのですが、1泊150 ドルを越えていました・・・たかだか数時間の滞在に150ドルはもったいないですが、さすがに空港ターミナルで寝る若さはありません・・・調べてみると、最近空港内に簡易ホテルができたとのこと。Boxtel@Suvarnabhumi Airportというホテルです。そのときは50ドルとターミナル外にあるホテル(30ドル程度)と比べると高額ですが、歩いて移動できるのは非常に楽です。夜中に外を移動するのは不安ですし、翌朝寝坊したら大変なので、こちらに決定!

ホテルへはちょっと迷いましたが、空港の鉄道乗り場を目指すとわかりやすかったです。
通路の空きスペースにプレハブの部屋を設置してあるだけの簡易ホテルです。
FullSizeRender

トイレやシャワーなど部屋内には無いですが、トイレは近くに空港のものがあり、空港らしく通路はとても明るいので、治安の心配などはなさそうです。
人通りが少なく、音も静かで快適でした。もちろん部屋に鍵があり、カードキーで掛けられます。
FullSizeRender

すぐそばにセブンイレブンもあり、ここでお土産も買えました。
FullSizeRender

明日は遅め(9:35)の出発なので、ゆっくり就寝。
続く・・・

↑このページのトップヘ