2020年02月

アメリカの証券会社で投資信託の自動積立を始めてみました!
ちょっとコツがいりましたので、まとめてみました。

Charles Schwab(チャールズシュワブ)証券で投資信託の自動積立を始めてみた

そこそこドルの資産が増えてきたので、少しずつドル建ての投資をはじめたいと思います。

日本へ帰国しても引き続き取引ができるとのことなので、Charles Schwab(チャールズシュワブ)証券の口座を開設しており、そこでアメリカ現地の投資信託の自動積立をできるそうです。

投資信託 or ETF?

投資はど素人ですので、色々本を読んで見ましたが、読めば読むほどアメリカでの投資は魅力的ですね!


今の私の知識レベルを考えると、インデックス投資しか考えていません。
選択肢として投資信託とETF(上場投資信託)があるのですが、少なくともCharles Schwab(チャールズシュワブ)証券では投資信託しか自動積立ができないそうなので、消去法で投資信託を購入することにします。

情報がない!

日本語で自動積立の方法を検索したのですが、なぜか全く見つからず・・・
わかる方には当たり前すぎて、意外と記事になっていないようです。
証券会社のヘルプも隠したいんじゃないかと思うほどわかりにくく、このレビューサイトでやっとわかりました。

In order to sign up for the automatic periodic investments, Schwab requires that the mutual fund must already be in your account, or a buy order must be open.
Charles Schwab(チャールズシュワブ)証券では保有していない投資信託を自動積立することができないのです!これがわかるまでに数時間かかってしまいました・・・
日本でも多少自動積立をしていたことがあるのですが、その際は予め所有している必要は無かったので、この発想はありませんでした。

自動積立の手順

1、積み立てたい投資信託を購入する

ということでまず積み立てたい投資信託を購入してみましょう。
「Trade」タブの「Mutual Funds」で「Trade Mutual Funds」をクリック。

char1

購入したい投資信託のシンボルを入力。
今回私が選んだのは「The Schwab Total Stock Market Index Fund (SWTSX)」。
アメリカの証券市場全体をベンチマークにしているので、ざっくりアメリカ全体に投資したいという適当な私にはもってこい。この界隈には「The Vanguard Total Stock Market Index (VTSMX)」という巨人がいるのですが、それに低コストを武器に対抗しているようで、今後が楽しみです。
5005
とりあえず今回は最低投資額の100ドルを入力。
5005
内容を確認して、購入手続き完了!
IMG_1682
実際の約定は翌営業日になりますが、この時点で自動積立の設定が可能になります。

2、自動積立を設定する

「Trade」タブの「Mutual Funds」で「Trade Mutual Funds」をクリックし、「Automatic Investment」へ行くと、先ほど購入した投資信託に対し、自動積立の設定ができるようになっています。
何も所有していない時は、ここには「設定できる投資信託がありません」と出てしまっていました。

「Create automatic investing instructions for this fund」をクリックします。
5005
毎回の積立額と購入日、開始日を入力します。
とりあえず100ドルを毎月5日に購入することにします。
5005
内容を確認して「Submit」します。
5005
設定完了です!
5005

めんどくさがりにはもってこい!

これで毎月自動的に投資信託の積立が可能になりました。しばらくは100ドル程度の積立を行います。
帰任が決まったら、ドル資産の投資割合を増やしていきますが、ドルコスト平均法を使って、毎月の積立金額を増やしていきたいと思います。
Charles Schwab(チャールズシュワブ)証券は日本帰任後も非居住者として取引可能ですので、これからアメリカの証券会社で資産運用されたい方はぜひご検討ください。
こちらの紹介リンクから口座開設いただくと、預入金額によりボーナスがもらえるそうですので、ぜひご活用ください!

Discover Bank口座開設&25,000ドル預入で200ドルゲット!

いつも読んでいるDoctor Of Creditというサイトで、Discover Bankで口座開設し、25,000ドルを預け入れることで200ドルのボーナスをもらえるという情報を入手しました。


銀行の口座開設ボーナスは魅力的なのですが、開設も解約も原則店舗に行かなくてはなりません。
チキンハートなので百戦錬磨の現地銀行員とやりあうと考えるだけで尻込みしてしまいます(笑)
また、一定期間内に口座を解約したり、最低残高をクリアしなかったりなど、彼らはあらゆる手を使って手数料をふんだくってくるため、それらを気にするのも嫌なので、実は避けていました。

しかし、このDiscover Bankはいわゆるインターネット銀行。全てネット上で完結します。
また、余計な手数料もなし!
fee

ボーナス条件は?

ボーナスの条件は以下の通り。

紹介リンクを経由する

2020/3/2までに下記リンク(Doctor Of Creditから拝借しました)からアクセスしてください。

紹介コードを入力

紹介コード「OBE220」を入力してください。

期限までに15,000ドルまたは25,000ドルを預入

15,000ドル預け入れると、150ドル、25,000ドルを預け入れると200ドルのボーナスがもらえます。 一括で預け入れる必要は無く、何度も出し入れして累計でそれぞれの金額を預け入れればいいようです。 なお、この口座も以前開設したAmexの口座とほぼ同様の条件で、月6回しか出金ができません。ご注意を。

夫婦で200ドル×2ゲット!

ということで夫婦でやってみました。残念ながらさすがに一気に25,000ドル×2を預ける資産は無いので、今の運用口座→夫 Discover→妻 Discover→運用口座と資金を移動。 結果はこうじゃ!

開設手順は?

情報入力!

順を追って手順を紹介していきます。
紹介リンクをクリックすると下記のページになります。
「Open an Account」をクリック。
Photo Feb 22, 4 17 15 PM (1)
既にDiscoverのカードをお持ちの方はLog Inだと思います。
私は持っていないので、New to Discoverで「Continiue」
Photo Feb 22, 4 18 00 PM (1)
名前や住所などの個人情報を入力します。
Photo Jan 16, 10 20 55 PM
Photo Jan 16, 10 22 16 PM
Photo Jan 16, 10 23 39 PM
Joint Owner(夫婦名義)にするかの確認です。後日妻名義で別に作るので、ここでは選択しません。
Photo Jan 16, 10 26 31 PM
次はBeneficiary(相続受取人)。
すぐに資金を引き上げるので、とりあえずあとで。
Photo Jan 16, 10 26 40 PM
ここが一番のキー!
Photo Jan 16, 10 29 51 PM
Offer Codeに先ほどの紹介コード「OBE220」を入れ、「Apply Code」をクリック。
「Offer applied」になればOKです。
Photo Jan 16, 10 30 14 PM
続いて最初のデポジット(資金振込)。今回はAmex口座から直接資金を移動します。
この移動は月6回の取引制限の回数にはカウントされません。
Photo Jan 16, 10 36 25 PM
この後はひたすら「同意します」的なものが続き、無事完了!
Photo Jan 16, 10 43 55 PM

銀行口座の接続

情報入力した振込元の口座が正しいものか確認するために、小額の振込が行われます。
数日後、確かに振込が。
Photo Jan 22, 6 55 46 PM

これを認証する必要があります。
Discoverのサイトで「External Accounts」内に銀行口座が登録されていますが、まだに印象されていないので、「Verify」をクリック。
Photo Jan 22, 6 56 13 PM

先ほど入金があった金額を入力します。
Photo Jan 22, 6 56 46 PM
これで銀行口座の認証が完了したので、振込が実行されます。

ボーナスはいつもらえる?

これはびっくりしたのですが、25,000ドルの着金が確認できた翌営業日に加算されました!
1/16に申し込みをして、1/27にボーナスをもらえましたので、約10日で200ドルもらえてしまいました。
即、元の口座に移動です(笑)
Photo Jan 25, 1 54 48 PM

同様に妻の分を作成して、さらに200ドル頂きました。ごちそうさまです!

年利換算20%?

今までは銀行開設ボーナスは指を咥えているだけでしたが、このボーナスは条件がとても緩く、手続きも簡単でした。夫妻それぞれでボーナスをもらうのに約1ヶ月かかりましたが、合計400ドルゲットです!
25,000ドルを1ヶ月運用して400ドルもらえたということは・・・
400÷25,000×12ヶ月=約20%!
ノーリスクでこれをもらえてしまうなんて良いのでしょうか??
ある程度資金がある方は、ぜひお試しください!






そろそろ帰任が見えてきました!

2015年にアメリカでの駐在をはじめ、まもなく5年になります。
そろそろ帰任が見えてきた気がするので、計画的に手仕舞いをはじめたいと思います。
まずはアメリカのドル建て銀行口座です。

現在の預金ポートフォリオは?

現在私が保有している銀行口座は下記の通りです。

1, MUFG Union Bank Checking Account(ジョイント)

おそらくほとんどのアメリカ駐在の方は日本で作らされたのではないでしょうか。三菱UFJ銀行のアメリカ子会社になっており、カリフォルニアを地盤にするいわゆる地銀のような形態らしいです。ご多分に漏れず、当社も会社から案内があり作りました。だいたいこういうのは使い勝手が悪いことが多いのですが、珍しく(?)とてもサービスがいいのです。主なサービス内容はこちら。
      • 渡米前に日本での口座開設が可能
      • 給与振込口座に指定するか一定の口座残高($1,500)を維持することで月間口座維持手数料が無料
      • 初回の小切手帳発行手数料が無料
      • 全米のユニオンバンク以外の米国内銀行提携ATMからの現金引出手数料が無料(CA州、属州を除く)
      • オンラインバンキングまたは電話による送金依頼が可能
      • 郵送またはモバイルバンキングによる小切手入金が可能
      • 日本の三菱UFJ銀行を送金銀行とする本口座宛の被仕向け送金手数料が無料
      • 帰国後も日本語コールセンターを通じて日本からの口座管理・解約が可能
特に大きいのがATM利用手数料がCA州以外どこでも無料というところ。給与振込からカード代金の支払いなど日常の決済まで、わざわざ変える理由もないので、こちらを使い続けています。1ヶ月の支出がおおよそ2,000ドルほどなので、それに最低維持残高の1,500ドルを足した3,500ドルをキープするようにしています。

2, Amex Saving Bank High Yield Saving Account(ジョイント)

詳しくはこちらをどうぞ。

毎月Union Bankで3,500ドルを超えた額をどんどんこちらに突っ込んでいます。残高はナイショ(笑)
執筆時点(2020年2月)では利率1.7%なので、元本保証でもあることを考えると非常によい投資商品です。

3, Schwab Bank High Yield Investor Checking Account(ジョイント)

Charles Schwabという証券会社がやっている銀行です。将来的にアメリカ株取引を帰国後も続けたいと思って作っておきました。カスタマーサービスに確認したところ、非居住者でも手続きをすることで引き続き口座の維持・および投資取引ができるとのことです。今はとりあえず$1,000だけ入れています。
まだ試したことは無いのですが、日本含む世界中のATMから無料で現地通貨の引き出しができるそうなので、そういった場面でも使えるかもしれません。
利率は0.15%(2020年2月現在)と他の銀行のSaving(普通預金)よりはマシ、という程度なので、積極的にこちらに預ける必要は無いと思います。

4, Discover Bank high-yield Online Savings Account(夫婦それぞれ)

口座開設ボーナスの$200につられて夫婦それぞれの名義で開設しました。2のAmexより若干利率が低いので、ボーナスでもらった$200だけ残し、あとはAmexへ戻しています。帰国が決まり次第これは閉じる予定です。

帰任に向けての準備

少ないながらこのドル資産をどうするか検討したいと思います。
日本円は別途それなりにあるので、このドルは子供がアメリカの大学へ行きたいとなった時に足しにするか、老後の蓄えにでもしたいと考えています。最低でもインフレ率ぐらいは稼いでいかないと目減りしてしまいますね。
今はだいたい2%ほどなのでそのぐらいは稼ぎたいところ。

あとは無駄な手数料は絶対に払いたくありません!

1, Union Bank

日本帰国後も口座維持手数料のかからない程度の残高を維持し、口座をキープする予定です。利子がつかないのが痛いですが、日本語サービスは捨てがたい・・・

2, Amex Saving Bank

米国籍者か米国居住者しか開設できないとなっており、非居住者では新規開設できないのですが、他の方の情報によると手続きさえすれば既存の口座は維持できるようです。噂どおり維持できれば、基本的に浮いた資金はここに入れておく予定です。
維持できないようであれば、資金は3, Charles Schwab Bankに移したいと思います。

3, Charles Schwab Bank

別件で確認したいことがあったので、ついでに国外へ行く場合の取扱を確認したところ、International accountへの切替が必要とのことでした。ただし出国が決まってから手続きをすればよいそうなので、現時点では特に何もしなくていいとのこと。
一括で投資を始めるのは個人的にはリスキーだと思うので、投資信託の自動積立を始め、ドルコスト平均法で徐々に投資割合を増やしていこうと考えています。定期的に2, Amexから資金を移して対応ですかね。

4, Discover Bank

閉じます!

ご利用は計画的に!

勤務先は数ヶ月前には帰任の内々示があるので、そこまでバタバタにはならないと思いますが、金融機関関係は税金等の厄介な問題があるので、早めに検討してみました。良いアドバイスがありましたらお待ちしています!

アメリカから日本への帰国里帰り便、安い都市を調べてみた!

アメリカにある日系の旅行代理店から定期的に帰国便(いわゆる里帰り便)の航空券セールのメールマガジンが届くのですが、必ずしも距離には比例していないことに気がつきました。また、なぜかいつもフィラデルフィア発の航空券が安くなっているため、不思議に思っていました。
せっかくなので、色々な都市で日本行きの航空券の料金に差があるか調べてみることにしました。

アメリカ人口上位50都市圏+αで調べてみた。

アメリカの都市は必ずしも自治体の人口が都市の大きさを示しません。
例えば夏季オリンピックまで行われたアトランタは自治体人口としては42万人しかいません。
ということで、Wikipediaのアメリカ合衆国の主な都市圏人口の順位を参考に、上位50都市圏をリストアップしました。

Rank Metropolitanstatisticalarea State 2018 estimate
1 New York-Newark-Jersey City, NY-NJ-PA NY-NJ-PA 19,979,477
2 Los Angeles-Long Beach-Anaheim, CA CA 13,291,486
3 Chicago-Naperville-Elgin, IL-IN-WI IL-IN-WI 9,498,716
4 Dallas-Fort Worth-Arlington, TX TX 7,539,711
5 Houston-The Woodlands-Sugar Land, TX TX 6,997,384
6 Washington-Arlington-Alexandria, DC-VA-MD-WV DC-MD-VA-WV 6,249,950
7 Miami-Fort Lauderdale-West Palm Beach, FL FL 6,198,782
8 Philadelphia-Camden-Wilmington, PA-NJ-DE-MD PA-NJ-DE-MD 6,096,372
9 Atlanta-Sandy Springs-Roswell, GA GA 5,949,951
10 Boston-Cambridge-Newton, MA-NH MA-NH 4,875,390
11 Phoenix-Mesa-Chandler, AZ AZ 4,857,962
12 San Francisco-Oakland-Berkeley, CA CA 4,729,484
13 Riverside-San Bernardino-Ontario, CA CA 4,622,361
14 Detroit-Warren-Dearborn, MI MI 4,326,442
15 Seattle-Tacoma-Bellevue, WA WA 3,939,363
16 Minneapolis-St. Paul-Bloomington, MN-WI MN-WI 3,629,190
17 San Diego-Chula Vista-Carlsbad, CA CA 3,343,364
18 Tampa-St. Petersburg-Clearwater, FL FL 3,142,663
19 Denver-Aurora-Lakewood, CO CO 2,932,415
20 St. Louis, MO-IL MO, IL 2,805,465
21 Baltimore-Columbia-Towson, MD MD 2,802,789
22 Orlando-Kissimmee-Sanford, FL FL 2,572,692
23 Charlotte-Concord-Gastonia, NC-SC NC-SC 2,569,213
24 San Antonio-New Braunfels, TX TX 2,518,036
25 Portland-Vancouver-Hillsboro, OR-WA OR-WA 2,478,810
26 Sacramento–Roseville–Folsom, CA CA 2,345,210
27 Pittsburgh, PA PA 2,324,743
28 Las Vegas-Henderson-Paradise, NV NV 2,231,647
29 Cincinnati, OH-KY-IN OH-KY-IN 2,190,209
30 Austin-Round Rock-Georgetown, TX TX 2,168,316
31 Kansas City, MO-KS MO-KS 2,143,651
32 Columbus, OH OH 2,106,541
33 Cleveland-Elyria, OH OH 2,057,009
34 Indianapolis-Carmel-Anderson, IN IN 2,048,703
35 San Jose-Sunnyvale-Santa Clara, CA CA 1,999,107
36 Nashville-Davidson–Murfreesboro–Franklin, TN TN 1,930,961
37 Virginia Beach-Norfolk-Newport News, VA-NC VA-NC 1,728,733
38 Providence-Warwick, RI-MA MA-RI 1,621,337
39 Milwaukee-Waukesha, WI WI 1,576,113
40 Jacksonville, FL FL 1,534,701
41 Oklahoma City, OK OK 1,396,445
42 Raleigh-Cary, NC NC 1,362,540
43 Memphis, TN-MS-AR TN-MS-AR 1,350,620
44 Richmond, VA VA 1,306,172
45 Louisville/Jefferson County, KY-IN KY-IN 1,297,310
46 New Orleans-Metairie, LA LA 1,270,399
47 Salt Lake City, UT UT 1,222,540
48 Hartford-East Hartford-Middletown, CT CT 1,206,300
49 Birmingham-Hoover, AL AL 1,151,801
50 Buffalo-Cheektowaga, NY NY 1,130,152

また、この50都市圏のランキングには同じ州から複数入っているため、一つも入っていない州については、各州最大の都市を入れてあげました。
Anchorage AK
Honolulu HI
Boise ID
Des Moines IA
Portland ME
Billings MT
Omaha NE
Albuquerque NM
Fargo ND
Sioux Falls SD
Burlington VT
Casper WY

読み方から怪しいところもいくつかありますね・・・

Google Flightで全部調べました!

上の表の62都市から日本への帰国便の航空券代を全部調べてやりました!バカですね 笑
使用したのはGoogle Flight。いくら眺めていても飽きないので、全く苦になりませんでした。
条件設定は以下の通り。
日程:2020年5月2日(土)~2020年5月10日(日)
出発地:各都市近郊でもっとも安くなる空港
到着地:東京(成田/羽田)
乗継回数:1回(東京への直行便がある都市にて乗り継ぐだけ)
所要時間:20時間以内
おおよそ日本のゴールデンウィークの時期にしてみました。また、ホテルに泊まらないといけないようなフライトですと、余計な費用がかかってしまいますので、総所要時間を20時間以下としました。かなり現実的なフライトプランではないかと思います。

日本への航空券が安い都市ベスト5!

それでは早速結果発表です!

1位 フィラデルフィア(ペンシルバニア州)

20200131PHL

フィラデルフィアは安いと思っていましたが、まさかの全米一日本へ安く帰れる都市でした。なぜなのかさっぱりわからないのですが・・・
最安はユナイテッドでしたが、他の航空会社でもほとんどこの程度の金額でした。
ちなみにこの旅程ではフィラデルフィアからニューアーク(ニュージャージー)までアムトラックでの移動です。これはこれで面白そうです。

2位 ラスベガス(ネバダ州)

20200131LAS
日本人が大好きなラスベガスも安く帰れる都市のようです。ラスベガスには多くの格安航空会社が乗り入れていますので、特に軒並み1,000ドルを越えてしまう中西部の他都市からはラスベガス経由もありかも。

3位 シアトル(ワシントン州)

20200131SEA
アジアから一番近いアメリカ本土の都市ということで、需要が大きいからなのか、台北経由のエバー航空がダントツの最安値でした。サービスの評判もいいそうですよ。

4位 サンフランシスコ(カリフォルニア州)

20200131SFO
シリコンバレーの玄関、サンフランシスコからも台北経由のエバー航空がダントツの最安値。

5位 ピッツバーグ(ペンシルバニア州)

20200131PIT
なんとペンシルバニア州からは2都市がランクイン。ペンシルバニアに何かあるのでしょうか。
こちらはトロント経由のエアカナダです。エアカナダは全般的に航空券が安いようです。

62都市のランキングはこちら

62都市の全ランキングはこちらです。もちろん日程により大きく順位は変動しますので、あくまでこの調査の結果となります。
US CITY AIRFARE

なんと最安のフィラデルフィアと最高のサクラメント(カリフォルニア)の差は倍以上!
なぜかミネアポリス・デトロイト(デルタ)、ヒューストン・デンバー(ユナイテッド)、ダラス・フォートワース(アメリカン)といった米系のエアラインで日本への直行便がある中西部の都市は高めだったりします。
あとデルタ航空は一律で運賃を設定しているのか、半分近くの都市でほぼ同額の最安値となっています。

ペンシルバニア州は穴場です!

さっぱり理由はわからないのですが、フィラデルフィアがダントツで日本行き航空券が安い都市のようです。NJ住みにとっては、少し移動すれば利用でき、下手するとJFK空港へ行くより早く着けるので、いざという時に使えるかもしれません。ただ、ニューアークで乗り継ぐのなら、ニューアーク発も安くしてほしいのですが・・・
また、なぜかピッツバーグ発も安めになります。ペンシルバニアに何かあるのでしょうか。ペンシルバニア州近隣の方は、ペンシルバニア州の空港へ出発地を変えてみると安く日本へ帰れるかもしれませんよ!


↑このページのトップヘ