カテゴリ: ライフハック in USA

タダで株がもらえる?

ちょっと資金に余裕が出てきたので、駐在している間にアメリカ株に手を出したいと色々調べていたところ、新興の証券売買サービス、Robinhoodでというところで、既存の会員から紹介を受けることで、タダで1株もらえるというキャンペーンがあることがわかりました。

Robinhoodとは?

説明はWikipediaにお任せしたいと思います 笑
ロビンフッド(英語: Robinhood Markets Inc.)は、アメリカ合衆国のフィンテック企業、および同社が提供する証券取引アプリの名称。証券取引手数料がゼロというのが最大の特徴となっている。 金利収入、ブローカーから受け取るリベート、アプリのプレミアム会員から徴収する手数料が主な収益源となっている。
Wikipediaより
証券取引手数料が無料というのはすごいですね!
日本でも一部で話題になっていたようです。
残念ながら、アメリカ非居住者は利用できないため、帰任の際は口座を閉じなければなりません。(リンク)
Robinhood1
ただし、他の証券口座へ手数料$75で移動することができるとのことです。(リンク
Fees for Transferring Stock
If you’re transferring stocks or cash from Robinhood to an outside brokerage, there is a $75 fee.
他の証券会社では取引に1回5ドル近くかかるようですので、小額の株を頻繁に買いたい、毎月積み立てたいといった場合は、一旦Robinhoodで購入し、最後に非居住者でも口座が維持できる証券会社に移行する、といったことができるかもしれません。(まだ帰任していませんので、どの程度可能かは不明です・・・自己責任でお願いします)

どうやったら株がもらえる?

流れはこんな感じ。

①既存会員の紹介リンクを通す!

このキャンペーンは既存の会員から紹介してもらう必要があります。私は適当にネットから拾ったリンクを利用しました。ちなみに私の紹介リンクはこちらです。紹介した側にも1株プレゼントされるので、こちらからお申し込みいただけるととってもうれしいです 笑

②必要事項の入力

スマートフォンからアクセスされた場合は、各アプリストア(App Store かGoogle play)のダウンロード画面になりますので、ダウンロードし、SignUpしてください。PCからの場合はそのまま入力画面になります。
入力項目は氏名、メールアドレス、住所、SSNといったところ。今のところ、IDの証明書類などの要求もありません。

③数日後、株プレゼント申請メールが届く!

数日後にメールでプレゼント申請案内が届きます。その中のリンクをクリックすると、抽選画面が現れ、もれなく1株もらえます。

どんな株がもらえる?

1株、ってどんな株がもらえるの?というのが気になるところですが、本当にアメリカの上場株式の中からランダムで選ばれるそうです。
robin2
まとめると・・・
98% $2.50~10
1% $10~$50
1% $50~$200
ほぼ1株2.5ドルから10ドルぐらいの銘柄がもらえるようです。まあそんなもんでしょうね・・・
ちなみに私はこんな株が当たりました!
FullSizeRender

NIOという中国の電気自動車の企業です。不勉強でまったく知らなかったのですが、一時は「中国のテスラ」と呼ばれ、去年NYで上場したそうです。
ただ、最近リコールが起きたり、なかなかの業績のようで、「若くてお金が余ってるならどうぞ」とまで言われる始末のよう・・・自分では絶対に買わない銘柄ですね(笑)

とはいえ、成長産業ですので、大化けしたらラッキーですし、紙くずになっても痛くもかゆくもないので、タダでもらった宝くじと思ってしばらくホールドしておこうと思います。

(なお、この株プレゼントはアメリカの雑収入、Other Incomeの対象となり、Form 1099-Miscが発行されます。確定申告の際はご注意ください。)

アメリカ駐在中にアメリカ株をしてみたいと思う方はぜひ!

売買手数料無料というのは非常にうれしいので、しばらくこのサービスを使って小額の株を買い足していきたいと思います。
少しアメリカ株をやってみたい、宝くじ気分で株がほしい(笑)というアメリカ駐在員の方はぜひ!
興味がある方はこちらからどうぞ!



朝食は何派?

みなさま、朝食は何派でしょうか?
パン派?ご飯派?それともシリアル派?
子どもの頃からシリアルに憧れていた私は、もちろんシリアル派です 笑

1つ買うと1冊本がもらえる?

いつものスーパーで、Kelloggシリアルを4つ買うと1つ1.99ドルというセールをやっていたので、買ってきたのですが、箱に気に文言が。
IMG_8392

1箱買うと1冊本がもらえるらしいです。
こちらのリンクを見ろとのことなので見てみました。

FullSizeRender


申し込み方法はこの通り。
FullSizeRender
9/30までにシリアルを購入し、30日以内にレシートをアップロードするだけとのこと。
125冊の中から1冊選べます。
赤ちゃんからティーンまで、満遍なく用意されていますが、特に絵本が多いですね。
自分の子供の年齢にオススメなものを選んでみました。
ちなみに、寄付もできます。

立派な絵本が届いた!

どうせペラペラのちゃちいものが来るだろうと思っていたのですが‥

3日でちゃんとした絵本が届きました!
FullSizeRender

有名なはらぺこあおむしの英語版もあります。
これなんて定価10.99ドル!1.99ドルのシリアル買っただけなんですが 笑
送料すらかかりません。
FullSizeRender

いったいどうやって利益出しているのがさっぱりわからないのですが、もらえるものはもらっておきましょう!
シリアル派で、お子様がいらっしゃる方はお見逃しなく!





アメリカ駐在員のお仕事? 空港送迎

アメリカで駐在していると、空港へ車で送迎する機会が多いです。出張者の場合はまさに仕事ですし、家族・知人が訪ねてくれることもあります。

アメリカの空港は駐車場が高くつく!

渋滞の可能性が非常に高いので、早めに出ることが多いのですが、だいたいその分早めに着きます 笑
そうなると困るのが駐車場代。地味に高いのです。しかも入国審査に時間がかかるので、早めに着きすぎるとどんどん足されていきます‥
FullSizeRender
出張者の迎えであれば、勤務先は会社に請求できるので気にしないのですが、プライベートはそうはいきません。はるばる日本から来た人にきっちり請求するのも無粋です‥

Cell Phone Lotとは?

IMG_6827
そんな時おすすめなのが、Cell Phone Lot。
大規模な空港ではCell Phone Lotという無料駐車場があることが多いです。下記リンクに一覧があります。
まさにお迎えに来た人が到着を待つための無料駐車場で、フライトが到着したら電話をもらうのを待つことから名付けられたそうです。
旅行用の駐車場に使われないよう、歩いてはターミナルへ行けない、微妙な場所にあります。

Cell Phone Lot
Queens, NY 11430
https://goo.gl/maps/4LmGYdXqJzjfe8i4A

NYエリアで日本人がよく使うであろう、JFK空港での利用条件は写真の通り。
IMG_6833
60分以上は駐車禁止、車から離れない、ぐらいでしょうか。
酒飲むな、ギャンブルするな、はみなさん大丈夫ですよね 笑?

これは土曜の午前中。さすがに空いてます。
IMG_6837
商用車は禁止のはずですが、明らかにリムジンが待ってますね。おそらくライドシェアもここで待っているようです。

一応、トイレもあります。一応です 笑
IMG_6839


Cell Phone Lotを使ってみた。

先日知人が日本から来たので、駐車場料金節約のため、試しに使ってみることにしました。
フライト情報が必要ですが、おすすめはFlightrader24というアプリ。
予定到着時刻や、リアルタイムでどこを飛んでるかがわかります。乗り物好きにはたまらないアプリです 笑

FullSizeRender

着陸しましたが、初めて日本から来た人なので、さすがにターミナルで出迎えてあげたいと思います。
駐車場に向かいます。10分もかかりません。
どうせ入国審査に時間がかかるので、着陸してから出発すれば十分だと思います。
旅慣れている人であれば、出口を出てから電話をもらってターミナルで待たせておけばいいでしょう 笑

結構使えます!


場所が辺鄙なので、不安になりますが、必ずどの車の中にも人がいる(はず)ので、意外と安心感はある駐車場です。日が出ている時間であれば全く問題なさそうです。
空港外にはなかなか安心して無料で駐停車できるところがないので、結構使える場所だと思います。
ただ、駐車場の注意書きの通り、客層はよろしくないので、特に深夜は避けた方が良いかと思います。


アメリカ赴任4年目のポイントサイト収入報告公開!

早いもので、アメリカ赴任開始から4年が経ちました。

何度もおすすめしている、経由するだけでインターネット通販がお得になるポイントサイトですが、
引き続き、1年間のポイントサイト収入を公開したいと思います。






ポイントサイト別収入

1、Rakuten (旧Ebates)

累計で$2,126.02の収入になっています。
2018年5月末の時点では$1,254.22でしたので、1年間で$871.80の収入となりました。

201906 rakuten

2、Swagbucks

累計173,374ポイント貯まりました。昨年5月末が99,883ポイントでしたので、1年では73,491ポイント貯まったことになります。1ポイント=1セントですので、$734.91です。

201906 swagbucks

やらなきゃ損です!

合計$871.80+$734.91=$1,606.71の収入となりました。面倒なことをしたわけではなく、インターネット通販を利用する際、ただポイントサイトを通しただけでこの収入が得られました。
絶対にやらないと損ですよね!

この記事で検証したとおり、とりあえずこの2つのサイトに登録しておき、購入する際に比較されるのがいいと思います。Rakuten (旧Ebates)の方がポイント付与率が高く、付与までの時間が短いので、こちらを使う方が多かったです。

ご登録はこちらから!特典もあるよ!


Rakuten (旧Ebates)はこちらのバナーから登録すると、今なら買い物1回するだけで$10もらえます!

Ebates Coupons and Cash Back

Swagbucksはこちらのバナーからどうぞ!
Join Swagbucks!
You Can Get Free Gift Cards For Shopping, Searching and Discovering What's Online at Swagbucks.com

Lyftにお得に乗ってみよう!

アメリカ生活には必需品となったUberやLyftなどのライドシェアサービス。
利用する際は相見積もりをするようにしていますが、少しでもお得に乗れないか考え、Lyftを利用する際はこんなことをやっています。
FullSizeRender

1、Ebatesを経由する

当ブログの定番ですが、ポイントサイトのEbatesを経由すると、1乗車につき0.25ドルもらえます。
金額は一切関係なく、近くの8ドルだろうが、遠くの100ドルだろうが0.25ドルです。
Ebatesとは?の方はこちらをどうぞ。


やり方はとても簡単。
Lyftを利用する際のスマートフォンにEbatesのアプリをダウンロードし、そのアプリ内でLyftを検索し、”Get a ride”するだけ!
FullSizeRender
FullSizeRender

Lyftのアプリが立ち上がるので、いつも通り利用しましょう。

2、デルタ航空のマイレージプログラムと連携する

このページからデルタ航空のマイレージプログラムとLyftのアカウントを連携させることができます。
これにより、Lyftで1ドル使うごとに1マイル自動的に付与されます。
さらに空港発着の乗車の場合はさらに1マイルおまけで合計2マイル付与されます。(利用したエアラインは関係ありません!)
微々たる物ではありますが、デルタ航空のマイルは失効しませんので、もらえるものはもらっておきましょう!

3、ビジネス利用は全部Lyftにする

Lyft、Uberとも同じアカウントの中で個人用、ビジネス用と分けて利用することができます。
Lyftの場合、このビジネス用のアカウントを使って5回利用すると、個人用で使える5ドルのクレジットがもらえます。1乗車あたり1ドルもらえるということですね。これも利用金額は関係ありません。
注意が必要なのが、ビジネス用アカウントで利用する場合、一切の割引・プロモーションが適用されないようです。プライベート利用の場合、個人用アカウントであれば頻繁に割引がありますので、それも踏まえてUberと相見積りをした方が良いと思います。
会社の経費で落とせる時はLyft一択ですね!
取れるところからは搾り尽くす、アメリカらしいシステムです。

計算してみた。

会社の経費で、空港まで20ドルの乗車をした場合を試算してみました。(デザインセンスゼロですみません w)

lyft

 ただクレジットカードで決済した場合と比べて、10倍お得に乗ることができています!ちょっと無理やり計算しましたが、このようなケースはアメリカ駐在員なら出張時などに良くあるのではないかと思います。
チリも積もれば山となります。たいした手間はかかりませんので、もらえるものはもらっておきましょう!

↑このページのトップヘ