カテゴリ: ライフハック in USA

アメリカから日本への帰国里帰り便、安い都市を調べてみた!

アメリカにある日系の旅行代理店から定期的に帰国便(いわゆる里帰り便)の航空券セールのメールマガジンが届くのですが、必ずしも距離には比例していないことに気がつきました。また、なぜかいつもフィラデルフィア発の航空券が安くなっているため、不思議に思っていました。
せっかくなので、色々な都市で日本行きの航空券の料金に差があるか調べてみることにしました。

アメリカ人口上位50都市圏+αで調べてみた。

アメリカの都市は必ずしも自治体の人口が都市の大きさを示しません。
例えば夏季オリンピックまで行われたアトランタは自治体人口としては42万人しかいません。
ということで、Wikipediaのアメリカ合衆国の主な都市圏人口の順位を参考に、上位50都市圏をリストアップしました。

Rank Metropolitanstatisticalarea State 2018 estimate
1 New York-Newark-Jersey City, NY-NJ-PA NY-NJ-PA 19,979,477
2 Los Angeles-Long Beach-Anaheim, CA CA 13,291,486
3 Chicago-Naperville-Elgin, IL-IN-WI IL-IN-WI 9,498,716
4 Dallas-Fort Worth-Arlington, TX TX 7,539,711
5 Houston-The Woodlands-Sugar Land, TX TX 6,997,384
6 Washington-Arlington-Alexandria, DC-VA-MD-WV DC-MD-VA-WV 6,249,950
7 Miami-Fort Lauderdale-West Palm Beach, FL FL 6,198,782
8 Philadelphia-Camden-Wilmington, PA-NJ-DE-MD PA-NJ-DE-MD 6,096,372
9 Atlanta-Sandy Springs-Roswell, GA GA 5,949,951
10 Boston-Cambridge-Newton, MA-NH MA-NH 4,875,390
11 Phoenix-Mesa-Chandler, AZ AZ 4,857,962
12 San Francisco-Oakland-Berkeley, CA CA 4,729,484
13 Riverside-San Bernardino-Ontario, CA CA 4,622,361
14 Detroit-Warren-Dearborn, MI MI 4,326,442
15 Seattle-Tacoma-Bellevue, WA WA 3,939,363
16 Minneapolis-St. Paul-Bloomington, MN-WI MN-WI 3,629,190
17 San Diego-Chula Vista-Carlsbad, CA CA 3,343,364
18 Tampa-St. Petersburg-Clearwater, FL FL 3,142,663
19 Denver-Aurora-Lakewood, CO CO 2,932,415
20 St. Louis, MO-IL MO, IL 2,805,465
21 Baltimore-Columbia-Towson, MD MD 2,802,789
22 Orlando-Kissimmee-Sanford, FL FL 2,572,692
23 Charlotte-Concord-Gastonia, NC-SC NC-SC 2,569,213
24 San Antonio-New Braunfels, TX TX 2,518,036
25 Portland-Vancouver-Hillsboro, OR-WA OR-WA 2,478,810
26 Sacramento–Roseville–Folsom, CA CA 2,345,210
27 Pittsburgh, PA PA 2,324,743
28 Las Vegas-Henderson-Paradise, NV NV 2,231,647
29 Cincinnati, OH-KY-IN OH-KY-IN 2,190,209
30 Austin-Round Rock-Georgetown, TX TX 2,168,316
31 Kansas City, MO-KS MO-KS 2,143,651
32 Columbus, OH OH 2,106,541
33 Cleveland-Elyria, OH OH 2,057,009
34 Indianapolis-Carmel-Anderson, IN IN 2,048,703
35 San Jose-Sunnyvale-Santa Clara, CA CA 1,999,107
36 Nashville-Davidson–Murfreesboro–Franklin, TN TN 1,930,961
37 Virginia Beach-Norfolk-Newport News, VA-NC VA-NC 1,728,733
38 Providence-Warwick, RI-MA MA-RI 1,621,337
39 Milwaukee-Waukesha, WI WI 1,576,113
40 Jacksonville, FL FL 1,534,701
41 Oklahoma City, OK OK 1,396,445
42 Raleigh-Cary, NC NC 1,362,540
43 Memphis, TN-MS-AR TN-MS-AR 1,350,620
44 Richmond, VA VA 1,306,172
45 Louisville/Jefferson County, KY-IN KY-IN 1,297,310
46 New Orleans-Metairie, LA LA 1,270,399
47 Salt Lake City, UT UT 1,222,540
48 Hartford-East Hartford-Middletown, CT CT 1,206,300
49 Birmingham-Hoover, AL AL 1,151,801
50 Buffalo-Cheektowaga, NY NY 1,130,152

また、この50都市圏のランキングには同じ州から複数入っているため、一つも入っていない州については、各州最大の都市を入れてあげました。
Anchorage AK
Honolulu HI
Boise ID
Des Moines IA
Portland ME
Billings MT
Omaha NE
Albuquerque NM
Fargo ND
Sioux Falls SD
Burlington VT
Casper WY

読み方から怪しいところもいくつかありますね・・・

Google Flightで全部調べました!

上の表の62都市から日本への帰国便の航空券代を全部調べてやりました!バカですね 笑
使用したのはGoogle Flight。いくら眺めていても飽きないので、全く苦になりませんでした。
条件設定は以下の通り。
日程:2020年5月2日(土)~2020年5月10日(日)
出発地:各都市近郊でもっとも安くなる空港
到着地:東京(成田/羽田)
乗継回数:1回(東京への直行便がある都市にて乗り継ぐだけ)
所要時間:20時間以内
おおよそ日本のゴールデンウィークの時期にしてみました。また、ホテルに泊まらないといけないようなフライトですと、余計な費用がかかってしまいますので、総所要時間を20時間以下としました。かなり現実的なフライトプランではないかと思います。

日本への航空券が安い都市ベスト5!

それでは早速結果発表です!

1位 フィラデルフィア(ペンシルバニア州)

20200131PHL

フィラデルフィアは安いと思っていましたが、まさかの全米一日本へ安く帰れる都市でした。なぜなのかさっぱりわからないのですが・・・
最安はユナイテッドでしたが、他の航空会社でもほとんどこの程度の金額でした。
ちなみにこの旅程ではフィラデルフィアからニューアーク(ニュージャージー)までアムトラックでの移動です。これはこれで面白そうです。

2位 ラスベガス(ネバダ州)

20200131LAS
日本人が大好きなラスベガスも安く帰れる都市のようです。ラスベガスには多くの格安航空会社が乗り入れていますので、特に軒並み1,000ドルを越えてしまう中西部の他都市からはラスベガス経由もありかも。

3位 シアトル(ワシントン州)

20200131SEA
アジアから一番近いアメリカ本土の都市ということで、需要が大きいからなのか、台北経由のエバー航空がダントツの最安値でした。サービスの評判もいいそうですよ。

4位 サンフランシスコ(カリフォルニア州)

20200131SFO
シリコンバレーの玄関、サンフランシスコからも台北経由のエバー航空がダントツの最安値。

5位 ピッツバーグ(ペンシルバニア州)

20200131PIT
なんとペンシルバニア州からは2都市がランクイン。ペンシルバニアに何かあるのでしょうか。
こちらはトロント経由のエアカナダです。エアカナダは全般的に航空券が安いようです。

62都市のランキングはこちら

62都市の全ランキングはこちらです。もちろん日程により大きく順位は変動しますので、あくまでこの調査の結果となります。
US CITY AIRFARE

なんと最安のフィラデルフィアと最高のサクラメント(カリフォルニア)の差は倍以上!
なぜかミネアポリス・デトロイト(デルタ)、ヒューストン・デンバー(ユナイテッド)、ダラス・フォートワース(アメリカン)といった米系のエアラインで日本への直行便がある中西部の都市は高めだったりします。
あとデルタ航空は一律で運賃を設定しているのか、半分近くの都市でほぼ同額の最安値となっています。

ペンシルバニア州は穴場です!

さっぱり理由はわからないのですが、フィラデルフィアがダントツで日本行き航空券が安い都市のようです。NJ住みにとっては、少し移動すれば利用でき、下手するとJFK空港へ行くより早く着けるので、いざという時に使えるかもしれません。ただ、ニューアークで乗り継ぐのなら、ニューアーク発も安くしてほしいのですが・・・
また、なぜかピッツバーグ発も安めになります。ペンシルバニアに何かあるのでしょうか。ペンシルバニア州近隣の方は、ペンシルバニア州の空港へ出発地を変えてみると安く日本へ帰れるかもしれませんよ!


ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)が発行された!(らしい?)

無事2019年にANA SFC修行を終え、年末に申し込みをしたスーパーフライヤーズカード(SFC)が発行された模様です!
修行の様子はこちら。

カード申し込みはこちら。

どうやってカード発行を確認する?

今回は既に作成してあるANA VISAゴールドカードをSFCカードに切り替えることになります。
私はアメリカ在住ですので、カードの登録住所は実家にしており、そちらに新しいカードが届きます。
家族とは言え、封筒を開けてカード番号を知られるのは少々気になりますね。
ということで、Web上でカードの切替が行われたかどうか確認できるか調べてみました。

1、ANA Webサイト

ANAのWebサイトから確認ができました。
「会員情報管理」→「会員情報の登録・変更」→「送付物の設定・変更」に進みます。
ページ真ん中付近に「送付物の種類」というのがあり、カード申込直後は「ステートメント」と「DM」のみだったのですが・・・
5005
申込書投函から約3週間で、下記の通りスーパーフライヤーカードの会員特典の送付希望欄が出てきました。会員になったことが確定しましたので、これでカード発行が確認できました!
5005

2、ANAモバイルアプリ

ANAモバイルアプリからも確認ができるそうです。
「UPGRADE POINTS」の項目をタップすると・・・
来年度のアップグレードポイントの獲得予定の欄が「Super Flyers Member Benefit」になっています。
特典の4ポイントもしっかりついていますね!
IMG_1513

Vpassからは確認できず・・・

VISAカードの会員サイト、Vpass上ではANA VISAゴールドのままでした。
同じレベルのカードの切替をした場合は、特に変更がないようですね。
5005

SFCカード発行で修行完結

マイル修行の最終目的であるSFCカードが無事発行されたということで、年会費さえ払い続ければ、生涯スターアライアンスゴールドステータスが確定しました!次の帰国時に現物を受け取り、感慨にふけりたいと思います。

マイル修行の模様はこちら!

アメリカ駐在員がANA スーパーフライヤーズカード(SFC)を申し込んでみた!

マイル修行を終え、無事ANAプラチナ会員になることができました。
プラチナ会員になると、スーパーフライヤーズカードを作ることができます。
このカードを作りさえすれば、カード年会費を支払い続ける限り、スターアライアンスゴールドメンバーでいられます。
善は急げということで、早速申し込んでみました。

海外からでも申込可能?

海外駐在員として気になるのは、海外からも申込可能なのかですが、できます!
私の流れは以下の通り。先にSFCへ切替可能なクレジットカードを作っておくのが大事です。
海外からANA VISA ワイドゴールドカードを作成 → プラチナ会員になる → SFCへ切替

申込方法は?

申込の流れは日本からと同じだと思います。ネットではできず、郵送のみです。
プラチナ会員になったら、こちらのリンクから申込。
ANAマイレージクラブへのログイン画面になるので、ログインすると、自動的にANAマイレージクラブの登録住所が入った申込画面になります。私はもちろんアメリカの住所です。
SFC11
ほんとに届けてくれるか不安なのですが、申込できるということは大丈夫なのでしょう。

海外まで申込書が届いた!

約3週間後、こんな封筒が届きました。申込書です!400円も払って送ってくれてありがとうございます!
ANAマイレージの登録住所とクレジットカード(三井住友VISA)の住所は一致している必要はない、ということですね。
image0
ついに手に入れました!ご案内です。
image1
記入内容は現在のANAクレジットカードの番号と氏名のみ。
image2

同封されている封筒は日本のみ使用可能な受取人払いのものなので、近々帰国した際に投函の予定です。
カードは現在のANAカードの登録住所に届くとのこと。私の場合は実家に届く予定です。

いつSFCの申込をするべき?

SFCを申し込める状態になったということは、その年と翌年のプラチナステータスが確定しているはずです。当然SFCが無くてもスターアライアンスゴールド会員ですので、SFCをすぐに作成する必要はありません。
しかし、敢えて修行をして手に入れたい方は、SFC申込が可能になったらすぐに切り替えるべきだと思います。理由は以下の通り。

1、どのみちカード年会費がかかる

修行後にANAカードを申し込んだ場合、審査が通らず、カードそのものが発行できないリスクがあります。それだけは避けたいので、修行前に後々SFCに切替可能なANAカードを作成しておくべきでしょう。となると、SFCに変更してもしなくてもカード年会費を支払い続ける必要があるので、忘れないうちに切り替えてしまうべきだと思います。

2、アップグレードポイントが+4ポイントもらえる!

ブロンズ会員以上になると、昨年度のANA利用状況に応じて、座席のアップグレードなどに使えるアップグレードポイントがもらえます。
Upgradepoint
さらにSFCを持っている場合、さらに4ポイントもらえるのです!
スーパーフライヤーズ会員のお客様
「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバーかつスーパーフライヤーズ本会員のお客様(家族会員様は対象外)には、ANAグループ運航便のご利用に応じて獲得されたポイントに加え、さらに一律4ポイントをプレゼントいたします。
1月末までにSFCに入会すればこの追加ポイントがもらえるそうなので、急がないと!

3、SFCが今後どうなるかわからない・・・

今のところ、SFCがなくなるという噂はありません。しかし、ここのところ、国際線エコノミークラスの座席指定有料化など、SFCサービスの改悪が進んでいます。
ANAのラウンジは国内・国際線ともいつも大混雑だったりするため、プラチナ会員以上のそれなりに利用している人と待遇に差をつけていく方向だと思います。
JALとの競争もありますので、いきなりSFCの特典が全部無くなる、ということは無いと思いますが、新規加入の条件を厳しくする、最悪の場合、募集停止という可能性もゼロではありません。
既に加入している会員から剥奪するようなことはさすがに無いと思いますので、早めに既得権益を得ておいたほうが精神衛生上よろしいのでは。

あとはカード到着を待つばかり!

今年中には切替申込書を投函できるはずなので、1月中にはカードが発行されると思います。楽しみです!

いよいよブラックフライデー到来!

ハロウィンも終わり、アメリカでは早くもホリデーシーズンが到来です。アメリカのホリデーと言えば買い物!11月は1年で最も大きなセール、ブラックフライデーがあります。

家でゆっくり買い物で十分!

AmazonはもちろんWalmartなどリアル小売業者も対抗してネット通販にかなり力を入れています。
わざわざ早起きして実店舗へ行くより、結局ネットの方が安いことも多く、買いたいものが決まってる場合は家でゆっくり購入した方がいいかもしれません。
たとえばBest Buyもアメリカの有名節約サイトでも店舗に行く必要があるのはTVだけ!と言い切られています(笑)


ネット通販で忘れてはいけないのが、ポイントサイトを経由すること!ブラックフライデーにあわせて、いつもよりポイント付与率を増額しています。中には10%のポイントを付与するような通販サイトもあり、実質10%offということになりますね!
ebates112016


おすすめポイントサイト!


私は以下の2つのポイントサイトをおすすめしています。

1、Rakuten(旧Ebates)

rakuten

あの日本の楽天が運営しています。アメリカでは場を貸すのではなく、完全なショッピングポータルサイトになっています。
このサイトのいいところは、何といっても付与率の良さ!基本的にここを通すのが良いと思います。

登録はこちらのリンクから!

2、Swagbucks
Swag


付与率は少し劣りますが、このサイトは買い物以外でもポイントが貯まります。
「Swagbucks 貯め方」みたいな検索をすれば、色々貯まる方法を教えてくれます。
チェックだけでなく、ギフトカードなど交換商品のラインナップがいいのもうれしいです。


とりあえずこちらの2つに登録してみて、買い物先に応じて使い分けると良いと思います。
キャンペーンなどにより、ポイントの付与率が頻繁に、しかも大きく変わるので、購入前に必ず両サイトの付与率を確認しましょう。

その他の方法で稼ぐには、Swagbucksの稼ぎ方をまとめましたので、ご参照ください。

登録はこちらのバナーから!
Join Swagbucks!
You Can Get Free Gift Cards For Shopping, Searching and Discovering What's Online at Swagbucks.com



タダでアメリカ株がもらえる?

ちょっと資金に余裕が出てきたので、駐在している間にアメリカ株に手を出したいと色々調べていたところ、新興の証券売買サービス、Robinhood(ロビンフッド)というところで、既存の会員から紹介を受けることで、タダで1株もらえるというキャンペーンがあることがわかりました。

Robinhoodとは?

説明はWikipediaにお任せしたいと思います 笑
ロビンフッド(英語: Robinhood Markets Inc.)は、アメリカ合衆国のフィンテック企業、および同社が提供する証券取引アプリの名称。証券取引手数料がゼロというのが最大の特徴となっている。 金利収入、ブローカーから受け取るリベート、アプリのプレミアム会員から徴収する手数料が主な収益源となっている。
Wikipediaより
証券取引手数料が無料というのはすごいですね!
口座を維持するのももちろん無料!
日本でも一部で話題になっていたようです。
残念ながら、アメリカ非居住者は利用できないため、帰任の際は口座を閉じなければなりません。(リンク)
Robinhood1
ただし、他の証券口座へ手数料$75で移動することができるとのことです。(リンク
Fees for Transferring Stock
If you’re transferring stocks or cash from Robinhood to an outside brokerage, there is a $75 fee.
他の証券会社では取引に1回5ドル近くかかるようですので、小額の株を頻繁に買いたい、毎月積み立てたいといった場合は、一旦Robinhoodで購入し、最後に非居住者でも口座が維持できる証券会社に移行する、といったことができるかもしれません。(まだ帰任していませんので、どの程度可能かは不明です・・・自己責任でお願いします)

どうやったら株がもらえる?

流れはこんな感じ。

①既存会員の紹介リンクを通して口座開設!

このキャンペーンは既存の会員から紹介してもらい、口座開設をする必要があります。私は適当にネットから拾ったリンクを利用しました。ちなみに私の紹介リンクは こちら です。紹介した側にも1株プレゼントされるので、こちら からお申し込みいただけるととってもうれしいです 笑

②必要事項の入力

スマートフォンからアクセスされた場合は、各アプリストア(App Store かGoogle play)のダウンロード画面になりますので、ダウンロードし、SignUpしてください。PCからの場合は「Get Your Free Stock」から必要事項入力となります。
入力項目は氏名、メールアドレス、住所、SSNといったところ。今のところ、IDの証明書類などの要求もありません。これだけで口座開設完了です!

③数日後、株プレゼント申請メールが届く!

数日後にメールでプレゼント申請案内が届きます。その中のリンクをクリックすると、抽選画面が現れ、もれなく1株もらえます。

どんな株がもらえる?

1株、ってどんな株がもらえるの?というのが気になるところですが、本当にアメリカの上場株式の中からランダムで選ばれるそうです。
robin2
まとめると・・・
98% $2.50~10
1% $10~$50
1% $50~$200
ほぼ1株2.5ドルから10ドルぐらいの銘柄がもらえるようです。まあそんなもんでしょうね・・・
ちなみに私はこんな株が当たりました!
FullSizeRender
NIOという中国の電気自動車の企業です。不勉強でまったく知らなかったのですが、一時は「中国のテスラ」と呼ばれ、去年NYで上場したそうです。
ただ、最近リコールが起きたり、なかなかの業績のようで、「若くてお金が余ってるならどうぞ」とまで言われる始末のよう・・・自分では絶対に買わない銘柄ですね(笑)

とはいえ、成長産業ですので、大化けしたらラッキーですし、紙くずになっても痛くもかゆくもないので、タダでもらった宝くじと思ってしばらくホールドしておこうと思います。

アメリカ駐在中にアメリカ株をしてみたいと思う方はぜひ!

売買手数料無料というのは非常にうれしいので、しばらくこのサービスを使って小額の株を買い足していきたいと思います。
少しアメリカ株をやってみたい、宝くじ気分で株がほしい(笑)というアメリカ駐在員の方はぜひ!
興味がある方は こちら からどうぞ!

↑このページのトップヘ